ニュース
» 2021年06月15日 20時00分 公開

育児中ママ「また明日から頑張れる」 16年間推してきたバンドのライブレポ漫画に“好きなもの”の大切さを感じる(1/2 ページ)

これはうらやましい。

[ぴぎー,ねとらぼ]

 育児をするママが、大好きなバンド・マキシマム ザ ホルモンのライブに行ったときの様子を描いた漫画がTwitterに投稿されています。 

 作者のまるたまの母(@rOuGVIYeBwyIMTZ)さんは、3歳の娘と1歳の息子を育てるママ。まるたまの母さんが参戦したマキシマム ザ ホルモンの「面面面〜フメツノフェイス〜」のライブレポート漫画からは、育児を離れて久しぶりに自分の時間を思いっきり楽しんでいる様子が伺えます。

ママがホルモンのライブへ 子どもを寝かしつけたあとのリラックスタイム
ママがホルモンのライブへ とりあえず応募する気持ち分かる
ママがホルモンのライブへ まさかの当選!

 ある日の夜、まるたまの母さんがマキシマム ザ ホルモンのYouTubeチャンネルを見ていたところ、「面面面〜フメツノフェイス〜」と銘打ったライブが開催されることを知りました。このライブは、「全席顔面指定席」という一風変わった方式なのが特徴。「Neoかわ組」「悪羅悪羅族」「もちもちクラブ」など、当選時にカテゴライズされる「面のカテゴリー」ごとに座席と持ち物が分けられており、チケットの応募時には顔写真が必須となります。

 2年連続の出産でライブとは程遠い生活をしていたまるたまの母さんでしたが、16年間大好きなマキシマム ザ ホルモンが面白そうなイベントをしていることを見逃せず、ダメ元で応募してみることにしました。娘さんの七五三のときに撮影した自分の写真を送付すると、数日後なんと当選の連絡が!

ママがホルモンのライブへ ライブ前夜ってわくわくする
ママがホルモンのライブへ 楽しみが倍増

 ライブ前夜、子どもたちを寝かしつけたあと、チケットのダウンロードをしたりライブの準備をすすめるまるたまの母さん。座席の位置を調べていると、まさかの前列4番目のギターサイドだということが判明し、じっくり前でマキシマム ザ ホルモンのパフォーマンスを観られる喜びをかみ締めます。良い席だとよりいっそうライブが楽しみになりますよね。

ママがホルモンのライブへ いつもと違う輪にいることさえも楽しい
ママがホルモンのライブへ 興奮が高まる瞬間

 ライブ当日、いつものママスタイルとは違うライブ用の装いに身を包み出発するまるたまの母さん。会場の最寄り新高島駅にはアンパンマンミュージアムがあり、子ども連れのママたちがたくさんいます。普段ママサイドにいるまるたまの母さんですが、今日は黒いマスクやライブ用の服装をした腹ペコ(マキシマム ザ ホルモンのファンの通称)たち側にいるギャップさえも楽しく感じているようです。

 いざ会場に入ると、イベントの内容通りさまざまな「面カテゴリー」に別れた座席が広がります。恒例のヘドバンおじさんの演説など、久しぶりに訪れたライブの雰囲気に開演前から胸が高鳴ります。

ママがホルモンのライブへ メンバーとの距離が近いのはあがる
ママがホルモンのライブへ うれしすぎて混乱状態
ママがホルモンのライブへ 完全燃焼

 開演すると、自分とメンバーとの距離の近さに興奮するまるたまの母さん。セットリストもまるたまの母さんが好きな曲ばかりで、ブンブンとヘッドバンキングをします。さらに、自分がリクエストした「絶望ビリー」も聞くことができ、ボルテージは最高潮。暴れたい衝動と感動の涙が一気に押し寄せ、混乱するほどの喜びを味わったのでした。翌日行った子どもとのプール教室では、先生に心配されてしまうほど首を痛めてしまったのも、今となっては良い思い出になったことでしょう。

 ライブを終えたまるたまさんが「ありがとうホルモン、また明日から頑張れるよ……!」と思うように、日頃の育児を乗り切るためにも、たまにはこうしてリフレッシュすることも大切なのかもしれませんね。子育てから少し離れ、久しぶりに1人の時間を楽しみ、今後の活力に繋げたまるたまの母さんのライブレポート漫画でした。

 この投稿には「このライブレポート最高! いち腹ペコとしてめっちゃ共感」「育児忘れてライブフェスで生音浴びてえ〜!」など、共感の声が寄せられています。

 まるたまの母さんは、この他にもTwitterで育児漫画を公開中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」