ニュース
» 2021年07月10日 10時00分 公開

【災害“後”の体験談】台風で川の堤防が決壊→浸水した地域は復旧にどれくらいかかるのか

2019年台風19号で浸水被害を経験した方の体験談。

[ねとらぼ]

 国内の災害報道は毎年のように目にする一方、意外と知る機会が少ないのが“その後”の苦労。本記事は、読者の方から災害を経験したあと一番大変だったことを伺う企画。

 今回は「令和元年東日本台風(台風19号/2019年10月)で川が氾濫し、浸水被害にあった」という方の体験談です。

※令和元年東日本台風:10月6日発生。9日には気象庁が「大切な人の命を守るため、早めの対策をお願いします」と呼びかけた。12日に伊豆半島に上陸し、その後、関東地方を通過。同庁によれば、「特に静岡県や新潟県、関東甲信地方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1位の値を更新するなど記録的な大雨」が降ったという。

暴風対策として、窓ガラスを補強しようと養生テープを貼る人が相次いだことを覚えている人もいるのでは。「テープを貼っても窓ガラスの強度は上がらない」という報道もあった一方、店頭では売り切れが相次いだ。

川の堤防が決壊すると復旧にどれくらいかかるのか

 私が住んでいるのは長野県北部。大きな台風の報道を見るたびに「長野県までは来ないだろ」と思っていました。台風19号のときも我が家でしていた対策といえば、外に置いてあるものをヒモで縛るくらいだったような……。

 ですが、大雨が降った日の深夜、母に「氾濫してる!」とたたき起こされて玄関のドアを開けると、家の周りが湖に……。テレビには川の堤防が崩れた影響で、自分の知っている場所が大変なことになっている様子が映っていました。

 我が家は近隣の住居よりもやや高い場所に建っていたのですが、それでも一番すごかったときは膝のちょっと上くらいまで水が来ていて。比較的小さな被害で済んだものの、物置小屋が浸水しました。

 水浸しになった物置小屋の中ではバケツなどが浮いていて、泥だらけ。水が引いてからはその泥が乾いてカピカピに。片付けは大変でしたね。泥をほうきで掃いたり高圧洗浄機で洗い流したりしたのですが、とにかく臭いし、服が汚れて洗濯に苦労しました。

 ハッキリとは覚えていませんが、その後、道路などがキレイになったのは台風の翌年(2020年)の春ごろだったような。自宅が浸水してしまった近隣の方の新しい家が完成したのは、さらにその翌年(2021年)の春だったと思います。

―― 同じ災害でも、被害の大きさや復旧にかかる時間はかなり違うんですね。

 私の住んでいる地域以外では、まだ元に戻っていない場所もあります。台風被害後、閉店したお店の建物がそのまま残っていたりとか。

 ちなみに、宅配業者さんの営業所は大きな台風被害を受けなかったらしく、台風前に通販サイトで注文したものは特にトラブルなく届きました。

―― 助かりますね。災害時って、買い物に困るものですし。

 ……実はそのとき注文していたのは、エッチな本(同人誌)。「ヤマトの兄ちゃんの前で購入物の確認を求められるような事態だけはご勘弁を……!」とヒヤヒヤしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」