ニュース
» 2021年06月15日 17時40分 公開

サメ映画100作以上を解説する書籍『サメ映画大全』発売 名作からサメが空を飛んだりするトンデモ系まで!

これは読まなければ……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 無限の可能を持つ「サメ映画」を日本未公開作含む100作以上を解説した本『サメ映画大全』が左右社から発売されます。空を飛んだり、頭を増やしたり、タコの腕が生えたりしちゃう、魅力的なサメ映画の数々がこの一冊に。

サメ映画 100作以上 紹介 本 サメ映画大全 サメ映画ファン必見の一冊

 2020年12月31日までに日本国内でソフト化されたサメ映画をメインで取り上げつつ、執筆時日本国内ではソフト化されていたなかった作品や、今回の“サメ映画”の定義からはやや外れる「準サメ映画」についても別途コラム形式で紹介しています。

 例として、サメ映画の原点にして金字塔「ジョーズ」をはじめ、それに並ぶ傑作にして唯一無二の「ディープ・ブルー」、さらにサメの顎とタコの腕を持つ生物兵器「死神ジョーズ 戦慄の血しぶき」や、陸を泳いで人を襲う「ビーチ・シャーク」、多頭系シリーズの先駆け「ダブルヘッド・ジョーズ」、トンデモ系サメ映画のイノベーション「シャークネード」などなど……。

サメ映画 100作以上 紹介 本 サメ映画大全 ふたつの頭を持つサメが襲い掛かる「ダブルヘッド・ジョーズ」の紹介(『サメ映画大全』本文抜粋)

 映画系YouTubeチャンネル「浅井ラム映画レビュー」でも人気のサメ映画ライター・知的風ハットさんの初単著となる評論本で、執筆期間は1年5カ月。告知動画によると「本文はやや硬めに書きましたが、別に変な語りしなくても笑うしかないエピソードが特に古いサメ映画には色々とございますので、笑いと情報量に関してだけはご安心ください」とのこと。

告知動画

 7月中旬刊行予定で、A5判のソフトカバーで240ページ。価格は2200円です。既にAmazon.co.jpでは先行予約が始まっており、6月15日時点で「映画の本(総合)」カテゴリの売れ筋ランキング1位を獲得しています。

サメ映画 100作以上 紹介 本 サメ映画大全 目次
サメ映画 100作以上 紹介 本 サメ映画大全 年代ごとの違いや傾向もわかるかも?
サメ映画 100作以上 紹介 本 サメ映画大全

『サメ映画大全』(出版元・左右社/著・知的風ハット)・目次

はじめに

サメ映画の定義

SHARK 1 1962〜1980

幻のサメ映画 『チコと鮫』

いわく“『ジョーズ』より古いサメ映画” 『ザ・シャーク』

サメ映画の原点 『ジョーズ』

シャーク・ノワール 『地獄のジョーズ ‘87最後の復讐』

リラクゼーション・シャーク・ムービー 『タイガーシャーク』

本家『ジョーズ』の再来 『ジョーズ2』

『チコと鮫』のリメイク作品 『少年と鮫』

仄暗い海の底から 『ジュラシック・ジョーズ』


コラム “山のジョーズ”について

SHARK 2 1981〜1990

イタリアン・ジョーズ 『ジョーズ・リターンズ』

飛び出す3D『ジョーズ』展 『ジョーズ3』

トンデモ系サメ映画のパイオニア 『死神ジョーズ 戦慄の血しぶき』

ジョーズ FINAL WARS 『ジョーズ’87 復讐篇』

『ジョーズ・アタック2』とは無関係のサメ映画 『死海からの脱出』

スタンド・バイ・シャーク 『ディープ・ブラッド 復讐のシャーク』


コラム 準サメ映画について

SHARK 3 1991〜2000

廃材アートのサメ映画 『ジョーズ’96 虐殺篇』

サメ映画からの物体X 『プロテウス』

川の流れのように 『ジョーズ’98 激流篇』

恐怖のサメ人間映画 『海棲獣』

シャークアタック三部作の第一部 『シャークアタック』

初代『ジョーズ』に並ぶサメ映画 『ディープ・ブルー』

シャークアタック三部作の第二部 『ディープ・ライジング』


コラム 中国のサメ映画について

SHARK 4 2001〜2010

復讐悲劇のサメ映画 『シャーク・ハンター』

シャークアタック三部作の第三部 『ディープ・ライジング コンクエスト』

カルカロクレス・メガロドン 『メガロドン』

プロレタリア・シャーキング・パニック! 『レッド・ウォーター サメ地獄』

無個性のサメ映画 『ディープシャーク』

オープン・ウォーターシリーズの一作目 『オープン・ウォーター』

ジョーズ・オリジン 『ジョーズ 恐怖の12日間』

サメ映画のアウトバーン 『ブルーサヴェージ』

UFO製サメ映画 『生体兵器アトミックジョーズ』

ボーイ・ミーツ・シャーク 『ブルーサヴェージ セカンドインパクト』

スペースシップと潜水艦のサメ映画 『インパクト』

沈黙のサメ映画 『キラー・シャーク 殺人鮫』

ランニングタイム164分のサメ映画 『凶悪海域 シャーク・スウォーム』

ヴェネツィアのサメ映画 『シャーク・イン・ベニス』

世にも珍しいミツクリザメ映画 『ジョーズ・イン・ツナミ』

純国産和風サメ映画 『ジョーズ・イン・ジャパン』

トンデモ系サメ映画のブレイクスルー 『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』

シャーク×ダイナソー=ディノシャーク 『ディノシャーク』

シャーク+オクトパス=シャークトパス 『シャークトパス』

『オープン・ウォーター』とは無関係のサメ映画 『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』

メガ・シャークの逆襲 『メガ・シャークVSクロコザウルス』


コラム 『ファインディング・ニモ』について

SHARK 5 2011〜2020

スーパー・シャーク!! 『シャーク・アタック!!』

水陸両用のサメ映画 『ビーチ・シャーク』

沼地のサメ映画 『フライング・ジョーズ』

「その数、46種類」 『シャーク・ナイト』

雪山が舞台のサメ映画 『スノーシャーク 悪魔のフカヒレ』

一挙両得のサメ映画 『ダブルヘッド・ジョーズ』

スタイリッシュ・シャーク・ムービー 『パニック・マーケット3D』

時代錯誤の魔物 『ジュラシック・シャーク』

デス・ゲーム系サメ映画 『シャーク・ウィーク』

マカロニ野郎のニュージャージーサメ襲撃事件 『ジョーズ・リターン』

不死身のサメ映画 『アイス・ジョーズ』

ゴースト サメ映画の幻 『ゴースト・シャーク』

トンデモ系サメ映画のイノベーション 『シャークネード』

サメえいがチャンピオンまつり 『メガ・シャークVSメカ・シャーク』

プテロダクティルス+バラクーダ=プテラクーダ『シャークトパスVSプテラクーダ』

ナノスケールのサメ映画 『ピラニアシャーク』

シャークネードシリーズの決定版 『シャークネード カテゴリー2』

ドルフ・ラングレンinサメ映画 『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』

三位一体のサメ映画 『トリプルヘッド・ジョーズ』

キラーホエール+ウルフ=狼鯨 『シャークトパスVS狼鯨』

ギャングとダイアモンドのサメ映画 『シャーク・キラー』

進撃のサメ映画 『メガ・シャークVSグレート・タイタン』

PART SHARK, PART MACHINE,ALL MOVIE. 『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』

サメ映画・ブレイク 『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』

レイダース 失われたシャーク 『ロスト・ジョーズ』

ジョーズVSエクソシスト 『デビルシャーク』

シャーク・オブ・ザ・デッド 『ゾンビシャーク 感染鮫』

サメ映画のスター・ウォーズ計画 『シャークネード エクストリーム・ミッション』

サメ映画、あるいは現代のプロメテウス 『フランケンジョーズ』

プラネット・オブ・ザ・ジョーズ 『PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星』

『ディープ・ブルー』とは無関係のサメ映画 『ディープブルー・ライジング』

バーニングジョーズ 『シン・ジョーズ』

“『ジョーズ』以来のA級サメ映画” 『ロスト・バケーション』

シャークネード・シークエル・トリロジー 『シャークネード4(フォース)』

オープン・ウォーターシリーズの三作目 『ケージ・ダイブ』

ソリッド・シチュエーション・スリラー物のサメ映画 『海底47m』

エレクトリカル・シャーク・パレード 『シャーク・ショック』

マーク・ポロニアの逆襲 『ランドシャーク 丘ジョーズの逆襲』

四の五の言うサメ映画 『ファイブヘッド・ジョーズ』

続・鮫の惑星 『鮫の惑星 海戦記(パシフィック・ウォー)』

シン・シャークネード 『シャークネード5 ワールド・タイフーン』

住まいと暮らしのサメ映画 『ハウス・シャーク』

六道輪廻のサメ映画 『シックスヘッド・ジョーズ』

アナザー・メガロドン 『MEGALODON ザ・メガロドン』

ジェイソン・ステイサムVSサメ映画 『MEG ザ・モンスター』

エルム街のジョーズ 『ジョーズ キング・オブ・モンスターズ』

パッチワークのサメ映画 『ホワイトシャーク』

ディープ・ブルーシリーズの二作目 『ディープ・ブルー2』

最初で最後の“シャークネード” 『シャークネード6 ラスト・チェーンソー』

『海底47m』の続編 『海底47m 古代マヤの死の迷宮』

ディープ・ブルーシリーズの三作目 『ディープ・ブルー3』

『ホワイトシャーク』とは無関係のサメ映画 『ホワイトシャーク 海底の白い死神』


コラム 日本国内未ソフト化サメ映画について


作品索引

おわりに



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」