ニュース
» 2021年06月16日 14時15分 公開

米陸上選手「ドーピングに引っ掛かったのはブリトーのせい」 4年の出場禁止処分に反論、東京オリンピックの有力候補

髪の毛からは検出されず。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 米陸上選手のシェルビー・フーリハンが6月15日、Instagramを更新。ドーピングによる出場禁止処分に反論しています。フーリハン選手は中距離女子代表として2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場。現在でも1500メートルと5000メートルで国内記録を保持し、東京五輪の有力候補と見なされていました。

シェルビー・フーリハン ドーピング ステロイド 出場 禁止 オリンピック 東京 中距離 陸上 フーリハン選手の投稿(画像はシェルビー・フーリハン公式Instagramから)

 国際陸上競技連盟によって設立された不正防止機関「アスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)」は6月14日、フーリハン選手に4年の出場禁止処分を与えると発表。これは2020年12月に行ったテストで、ステロイドの一種ナンドロロンが検出されたためと説明しました。

 これを受けフーリハン選手はInstagramに「非常に打ちひしがれ、悲しみ、戸惑い、憤っており、自分が愛して全力を注ぎ、結果を出してきたスポーツに裏切られた気分」との声明を発表。“ナンドロロン”という物質の「名前すら聞いたことない」と訴え、いかなる禁止薬物も使用したことはないと身の潔白を訴えています。

シェルビー・フーリハン ドーピング ステロイド 出場 禁止 オリンピック 東京 中距離 陸上 フーリハン選手(画像はシェルビー・フーリハン公式Instagramから)

 今回、ステロイドが検出された理由について、フーリハン選手はテストの約10時間前に、近所の店で購入したブリトーを食べたためだと主張。髪の毛からは薬物使用の痕跡が検出されず、同じものを食べた被験者を10時間後にテストした場合、自身と近い数値が出たことを根拠にしています。

 フーリハン選手が主張するように、米国やオーストラリアなどでは、牛や豚といった家畜を育てる際に、肥育促進を目的にホルモン剤やステロイドを投与することがあります。これらが蓄積された臓器を食べることで、ドーピング検査で陽性になることがあるとフーリハン選手は訴えましたが、世界ドーピング防止機構(WADA)は、髪からサンプルがでなかったのは薬物を定期使用していないからと結論。ポリグラフ(うそ発見器)まで受けて身の潔白を訴えたフーリハン選手は、自らの主張に沿った再検査、検討といった適切な措置がとられていないと批判しています。

 SNSでは「出場禁止処分に納得がいかない」「ブリトーのせいだなんて、そんなことあり得るの?」「コーチから食生活についてアドバイスは受けなかったのか」とさまざまな意見が噴出。処分が明ける2025年、フーリハン選手は32歳。東京オリンピックだけでなく、2024年に予定されているパリ五輪の出場機会を逃すことになります。

 ジェリー・シューマッハーコーチは公式サイトを通じ、「正義は成されると信じていたが、WADAは誤った決断を下した」と落胆を表明。フーリハン選手と同じくブリトーが原因と主張し、AIUとWADAへ「恥を知れ!」「クリーンなアスリートを追放している」と検査体制の不備を含め強い言葉で批判しました。「許容する限り悲劇はまた起こる」とコーチやアスリートへ立ち上がるよう呼びかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」