ニュース
» 2021年06月16日 18時05分 公開

“巻き込みリプライ”から逃れられる? Twitterがメンションを制御する機能のコンセプト公開(1/2 ページ)

自分へのメンションを削除したり、自分にメンションできる相手を設定したりできる機能が検討されています。

[ねとらぼ]

 Twitterは、ユーザーが自分あてのメンションを削除したり、メンションをコントロールしたりできる機能を検討しています。

 同社のプライバシーデザイナー、ドミニク・カモッジさんが「初期段階のコンセプト」を公開し、意見を募っています。

 コンセプトでは、自分にメンションしたツイートの下に「メンションを削除する」ボタンが表示され、メニューからブロックやミュートと同じように「この会話からメンションを削除」を選択することも可能。

「メンションを削除する」ボタン(カモッジさんのTwitterから)

 また、フォローしていない相手からメンションが来た場合に特別な通知が来て、この通知からメンションを削除すると相手は今後自分にメンションできなくなります。自分にメンションできる相手を設定したり、一定期間全てのメンションを阻止するといったことも可能です。

 カモッジさんは「話したいときもあれば、話したくないときもある」「ツイートや参加したくない会話からのタグ付け解除を簡単にしたい」とツイートに添えています。メンション削除機能が実装されたら、嫌がらせや“巻き込みリプライ”といった望まないメンションを避けられそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する