ニュース
» 2021年06月17日 20時00分 公開

【漫画】ママ「息ができない!?」→顔の上で1歳娘が爆睡 起こさないよう頑張るも更なる仕打ちを受けてしまう

“あるある”なことだと分かってはいても……!

[かのん,ねとらぼ]

 起こさないように気をつかう母に、無慈悲な行動をする1歳児を描いた漫画が、Instagramに投稿されています。親の心、子知らずとはまさにこのこと……!

 4歳の息子ミリオ君と、1歳の娘チョスちゃんを育てているのぶえ(@sanmanobue)さんは、ある夜の就寝中なぜか寝苦しさを覚えて目が覚めました。

娘 息苦しさを覚えるのぶえさん
娘 チョスちゃんが顔に乗っている……

 目を開ければ息苦しさの正体は一目瞭然、チョスちゃんが自分の顔の上にドーンと乗って寝ていたのです。もともと寝相が良くないチョスちゃん、この体勢で寝ていること自体は不思議ではないのですが、いかんせん鼻と口をふさがれて苦しい!

娘 起こさないように気道確保チャレンジ
娘 成功かとおもいきや!

 しかしチョスちゃんを顔から降ろすときっと起きてしまう……そこから覚醒されてはたまったものじゃないと、何とかチョスちゃんを乗せたまま横を向き“気道確保”を試みたのぶえさん。成功した……とおもいきや、すぐにズリっと動いたチョスちゃんに、また気道をふさがれてしまいました。

娘 チャレンジ再び
娘 !!! 起きた!?

 「なんでピンポイントに息止めにくるん……」そう思いながら再び気道を確保するため、今度は上にずれようと頑張っていたのぶえさん、しかしその努力を無にするように何とチョスちゃんが突如ムクッと起き上がったのです!!!

娘 なぜ!?

 起きてしまったのか……!? ひやひやするのぶえさんに対し、寝ぼけているのかチョスちゃんは片手を振り上げ、そのまま母の顔にバン! と振り下ろしたではありませんか! 手加減を知らない子どもの一撃はかなりの衝撃、これは痛かったと思われます。

娘 頑張る母になぜこの仕打ち……!

 そしてニコォとほほえみ、またまどろみの中へ……なぜ、なぜ叩く?! 起こさないようにと気をつかい、努力した母に対してこの仕打ちとは! 寝ぼけているので悪意はないと分かっていても「ドSなの!?」とわが子を疑ってしまうこの出来事。

 息苦しさと痛みに耐えたのぶえさんでしたが、「このあとすぐにチョスちゃんが起きる」という見事なオチ、もとい試練が立ちふさがったのでした……!

 このお話には「わかりみが深すぎて辛いです」「うちの子も寝返りしたついでに横にいる私の顔を裏拳して爆睡してます」という“あるある”共感コメントや、「まさに親の心、子知らず」「無慈悲…!しかし可愛い…!」「確実に仕留めにきてますね」などのチョスちゃんの行動の面白さへのコメントが数多く寄せられています。

 その後、ミルクを飲んだら朝まで寝たというチョスちゃん、母が朝まで熟睡できる日はきっと、近い……はず!

 のぶえさんは自身のInstagram(@sanmanobue)に、かわいい子どもたちや家族のお話を漫画で公開中。チョスちゃんだけでなく、4歳のお兄ちゃんミリオ君も楽しいエピソードを披露してくれていますよ。また、すくパラ倶楽部NEWSで漫画「無痛分娩出産編」を連載中です。

画像提供:のぶえ(@sanmanobue)さん

ねとらぼGirlSide おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」