ニュース
» 2021年06月20日 12時00分 公開

「12時の方向に○○!」戦争映画でよく聞くせりふ、視覚障害者にも便利って知ってた? 「クロックポジション」を紹介する漫画がためになる(1/2 ページ)

作者は漫画家でコメディアンの中山少年さん。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 レストランで聞いた「ピザは12時」「サラダは3時」「チョリソーは10時です」という不思議な声。いったい何を伝えているのでしょうか。時計になぞらえて位置を示す方法「クロックポジション」について、漫画家でコメディアンの中山少年(nakayama_syonen)さんが漫画化し、投稿しています。

2コマ目 何を意味する言葉でしょうか

 店員さんが話しかけていたのは目の不自由なお客さんでした。「12時」「3時」「10時」は料理の出来上がり時間ではなくテーブルに置かれた料理の位置。時計の文字盤になぞらえて伝えていたのです。

4コマ目 「12時」の位置、「3時」の位置、ということだったんですね!

 これは「クロックポジション」という伝え方。戦争映画やアニメでも「○時の方向に敵だ!」なんてセリフをよく聞きますよね。とはいえ日常生活で使った経験がある人は多くないのではないでしょうか。

6コマ目 目が不自由な人とコミュニケーションの助けになりそうです

 中山少年さんは、少しでも助かる人が増えればと考え、レストランでの出来事を漫画化。目が不自由な人を見かけた際に役立つかもしれません。もちろん、不要な手助けになる場合もあるため、「クロックポジションで案内してもいいか」と一言たずねることを勧めています。

 漫画には「勉強になった」「見習いたい」といったコメントが多数寄せられました。障害のある家族がいる人も反応しています。

 中山少年さんは、人と人とのあたたかなコミュニケーションや思いやりなどが感じられるエピソードを優しいタッチの漫画で描いています。

作品提供:中山少年(nakayama_syonen)さん
(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」