ニュース
» 2021年06月18日 14時43分 公開

メジャーリーグで“珍”トリプルプレー完成 ヤンキースたたえる一方でブルージェイズの緩慢なベースランニングにファンが喝(1/2 ページ)

ヤンキースは今シーズン2度目のトリプルプレーを達成しました。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 メジャーリーグ・ニューヨーク・ヤンキースが6月17日(日本時間18日)、トロント・ブルージェイズとの試合で、メジャー史上初のトリプルプレーを完成させました。MLB公式サイトは「これまで見た中で最もおかしなトリプルプレーの1つ」と伝えています。ヤンキースをたたえる声が大半を占める中、「That was the worst base running of all time(史上最悪のベースランニング)」とブルージェイズのベースランニングを一喝するファンもいました。

ヤンキース ブルージェイズ 今季2度目のトリプルプレーを成功させたヤンキース(画像はMLB公式Instagramから)

 その瞬間は1回裏に起こります。無死二、三塁から、ブルージェイズ3番打者のウラジーミル・ゲレロJr.選手がピッチャーゴロを打ちます。捕球したヤンキースのマイケル・キング投手は一塁へ送球して1アウト。送球を受け取ったDJ・ラメーヒュー一塁手(ヤンキース)は、二塁走者のボ・ビシェット選手(ブルージェイズ)が飛び出したのを見て、二塁のグレイバー・トーレス遊撃手(ヤンキース)へ送球しランナーを挟みます。

 それを見た三塁走者のマーカス・セミエン選手(ブルージェイズ)が本塁を狙いに行きますが、トーレス選手はゲーリー・サンチェス捕手(ヤンキース)へ送球し、セミエン選手を挟みながら、ジョバンニ・ウルシェラ三塁手(ヤンキース)へボールが渡り2アウト。ウルシェラ選手は、三塁のカバーに入っていたトーレス選手へ送球し、ビジェット選手をタッチアウトしました。この瞬間、史上初となる「1(投手)−3(一塁手)−6(遊撃手)−2(捕手)−5(三塁手)−6(遊撃手)」のトリプルプレーが完成したのです。

ヤンキース ブルージェイズ トリプルプレーを招いたブルージェイズのベースランニング(画像はMLB公式YouTubeから)

 トリプルプレーとは別名「三重殺」とも呼ばれていて、一連のプレーで3個のアウトが記録されることを言います。一連のプレーとは「ボールが投手の手に戻って投手が次の投球姿勢に移るまで」と定義されていて、今回の場合は投手が投げた瞬間から打者がピッチャーゴロを打ち、その流れで3つアウトを獲得したため、トリプルプレーが成立しました。

 ヤンキースは、5月21日(日本時間22日)のシカゴ・ホワイトソックス戦でトリプルプレーを決めていて、今季2度目の成立でした。前回のトリプルプレーは、無死一、二塁の場面でサードゴロから三塁手が自らベースを踏んで、セカンドからファーストに渡ってトリプルプレーが完成します。これはバッターが放った打球の先が三塁手の正面を突いたことから生まれたプレーでしたが、今回はピッチャーゴロの1アウトで終わっていたはずなのに、二塁走者と三塁走者が暴走したことでトリプルプレーが起こってしまいました。

 「SECOND ONE OF THE YEAR FOR THE YANKEES!!(1年で2度目のトリプルプレー)」とヤンキースの好判断を称える一方で、「That base running needs some work(そのベースランニングは必要?)」と一部のファンからブルージェイズの緩慢な走塁に不満を抱く声もあがっていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」