ニュース
» 2021年06月21日 17時40分 公開

入院したガンプラに接着剤の点滴? 病人風の旧ザクにセメダイン公式からも「お大事に」(1/2 ページ)

もともと細い顔が、なんだかやつれたみたいに見えて切ない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 あるモデラーが製作中の旧ザク(ザクI)が、なんだかつらそうです。ヒジの裏から伸びたパイプの先は、プラモ用セメダインの点滴パック(?)……ザクさんまだ寝てなきゃだめじゃない!

ザクI 昔のプラモによく付属していたセメダインを点滴パックに。ランナーで作ったスタンドも秀逸

 投稿主はTwitterユーザーのやきそば 014(@Vu0d7XqtJPAdnCp)さん。旧キットの「144分の1 旧型ザク」の製作中、別のプラモのディテールアップ用に用意したパイプを遊び半分で足しているうちに、病人型ザクになっていたそうです。ランナーで点滴スタンドまで作っていて、ノリノリで楽しそう。

 ツイートは「じわじわくる」「ヒジ動かなくなりそう」「継ぎ目消しや表面処理がていねい」と話題に。もともと細い顔がやつれたように見える旧ザクをいたわる声も多く、セメダイン公式Twitterからも「お大事に」と、お見舞いのリプライが寄せられています。

ザクI 反響に喜んだ作者は、記念に旧ザクを買い足しています。旧バンダイロゴが懐かしい

画像提供:やきそば 014(@Vu0d7XqtJPAdnCp)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」