ニュース
» 2021年06月21日 20時40分 公開

がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」

ステージ4の大腸がん手術後、転移したがんの治療を続けていました。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 元プロ野球選手で野球解説者の大島康徳さんが6月21日にブログを更新。長らく患っているがんが肺に転移していたことを告白しています。

大島康徳 ステージ4 大腸がん 転移 点滴中の大島さん(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

 3日から6日まで3リットルの腹水を抜くべく入院し、15日には闘病ですっかりこけた顔写真を投稿していた大島さん。17日には再度の入院を余儀なくされ、20日には鼻から酸素吸入している写真を掲載し、健在ぶりをアピールするとともに、血中酸素が時折低く出る現象に悩まされていたと告白していました。

大島康徳 ステージ4 大腸がん 転移 闘病でほおがこけた顔写真(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

 妻の奈保美さんが入院後からブログ執筆をしばしば代行し、在宅医療の準備を急いで進める中、大島さんは「告白」と題したエントリーを更新。「話をしていると少し息苦しさを感じるようになって…」「痛みというよりもそっちが辛いかな?」と、以前にも報告した息苦しさの症状を取り上げつつ、以前から肺に見られていた「小さいポツポツ」が転移したがんであったことを明かしました。

 読者を安心させるべく、「疑わしきの期間が結構長くて今だって大して成長してない」「これは本当」と、現状は決して深刻ではないと強調。その一方で、「この息苦しさがその影響なのかどうか? は、分かりません」と、肺に転移したがんとずっと続く息苦しさの因果関係については不明としていました。

 大島さんは2016年10月にステージ4の大腸がんと判明。「このままなら余命1年」との宣告を受けており、2017年2月には大腸の手術を終えたと報告していました。現在まで「これまで通りの生活ができるように共存する」という姿勢のもと、がんが転移した肝臓の数値観察を含めた抗がん治療を続けています。

大島康徳 ステージ4 大腸がん 転移 大腸がん手術直後の姿(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

関連キーワード

ブログ | 告白 | 入院 | 野球 | 治療 | 医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する