ニュース
» 2021年06月22日 21時00分 公開

オリックスファンの自虐漫画が切ない セ・パ交流戦優勝したのに「喜び方忘れた」「新聞一面は阪神」(1/2 ページ)

こんなときぐらい、はしゃいで!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2021年のプロ野球セ・パ交流戦は、オリックス・バファローズが11年振り2度目の優勝! ……なのに、久々すぎてうまく喜べないオリックスファン(オリファン)の漫画が、切なくもおかしいです。作者はTwitterユーザーのNAKATA(君)さん(@NAKATA55795234)。

アイキャッチ 長らくつらい思いをしてきたオリファンにとって、歓喜の瞬間だったはずですが……?
漫画をまとめて読む

 新参オリファンのA川と、若き生粋のファンであるC一郎&B里兄妹の悲喜こもごもを描くシリーズ。交流戦優勝が決定した6月12日、長年応援してきたB里たちの喜びはいかばかりかと、A川は感慨にふけります。

1P

 しかし、ここのところチームは低迷しており、交流戦優勝は11年前、リーグ優勝に至っては25年前が最後。長らく優勝の2文字から遠ざかっている(というかおそらくほぼ知らない)兄妹は喜び方が分からず、「ビールかけとかファンもやるんでしたっけ……?」「こういうときってどうしたらいいんでしょうか……?」と戸惑うのでした。はしゃげばいいと思うよ。

 それでもじわじわと喜びがこみ上げてきたのか、翌朝になってB里はスポーツ新聞を買いに出かけました。良い機会だし、記念に全紙購入だ!

 しかし、そこは阪神タイガース人気が圧倒的な世界。ほとんどの新聞はバファローズの優勝よりも虎のゴールデンルーキーが大事とばかりに、佐藤輝明が田中将大から打ったホームランで一面を飾るのでした。

2P 阪神以外のニュースを一面にすえた新聞も一紙だけありましたが(スポーツ報知)、内容は巨人の4番・岡本和真の2打席連続ホームランでした

 漫画はほかにも、本拠地・京セラドーム大阪の空き具合や、マスコミの扱いの悪さといった自虐ネタが満載。作者は全話モーメントにまとめているので、ぜひオリファンの悲哀を味わってください。

3P 歓声より球審の声が響く京セラドーム
4P 満員に……戻す……? ううっ頭が

 ……とまあネガティブな話が続きましたが、今シーズンのバファローズはこのごろ絶好調。6月6日の中日ドラゴンズ戦から6月21日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦まで、1引き分けを挟んでどとうの9連勝(10年振り)で単独首位に立ちました。ペナントレースはそろそろ折り返し地点といったところでまだ分かりませんが、A川たちが今度こそ本気で喜べる日が来るかもしれません。

作品提供:NAKATA(君)さん(@NAKATA55795234

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する