ニュース
» 2021年06月23日 20時15分 公開

食中毒をイケメンに擬人化!? 攻めた小冊子で注意喚起するアイセイ薬局に狙いを聞いた(1/2 ページ)

ウェルシュ菌「2日目のカレーに潜むぜ」……気をつけます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 食中毒を引き起こす病原体の擬人化キャラクター「ドクメン8」がTwitterで話題を呼んでいます。サルモネラもノロウイルスもアニサキスもみんな、いろんな意味で危険なイケメンに。

ドクメン8 仲良くなると、もれなくトイレや病院、最悪死神とも仲良くなれる8人組(画像提供:ねこねこさん)

 ワイルド系やクール系、インテリなど、多種多様なイケメンがそろった8人衆。ウェルシュ菌は「2日目のカレー」、腸管出血性大腸菌(O157やO111など)は牛レバー、ノロウイルスはカキ、アニサキスはイカといった調子で、それぞれ“お気に入りの潜伏先”を携え、食品に潜む食中毒リスクを体現しています。

 なお、そういったトリッキーな設定のアニメやゲームが発表されたわけではなく、ドクメン8は季刊フリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40」の食中毒特集企画。調剤薬局の「アイセイ薬局」がグループ店舗や医療機関などで配布している小冊子で、公式サイトでもデジタル版が無料配信されています。件のページも公開中で、ドクメン拝み放題。

ヘルス・グラフィックマガジン 記事としては、各食中毒の特徴と対策を伝える内容(ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40より)
ヘルス・グラフィックマガジン とてもテーマが分かりやすいゲロゲロな表紙にも注目。ほかにも、世紀末でヒャッハーな感じの人が危険なバーベキューをする漫画など、攻めた注意喚起が(ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40

 ドクメン8は、薬局で同誌を入手した人のツイートがきっかけで広まり、「めっちゃ読みたい」「全員まとめて消毒したい」「恋わずらいで腹をわずらってしまう」などと話題に。「冊子全体がセンス最高」「通院のたびにもらうのが楽しみ」というファンも多い、ヘルス・グラフィックマガジンはどのように作られているのか、アイセイ薬局に話を聞きました。

―― 食中毒を擬人化するアイデアはどこから生まれましたか

アイセイ薬局 食中毒を起こす病原体は、名前が覚えにくく見た目も似ているので、擬人化してそれぞれの特徴を明確にし、印象を強く残すのが狙いです。あえてイケメンキャラにすることで、読者の皆さんに推しメンを選んでもらったり、楽しく知識を得られるページにしたいと考えました。

―― キャラ作りでこだわった点は?

アイセイ薬局 それぞれキャラの強いドクメンに特徴となるアイテムをからめ、やや上から目線のコメントで個性を際立たせました。危険なのに憎めない、もっと知りたいが遠ざけたい、そんな味わい深いキャラを目指しています。また「ドクメン8」という名前も覚えやすさを意識し、あえて実在のアイドルユニット風に寄せたものです。

―― ネットの反応についてどのように受け止めていますか

アイセイ薬局 正直ここまでの反響は予想していませんでした。表紙のインパクトが話題になることは多いのですが、今回は中面のコンテンツが注目され、詳しく読んでいただくきっかけになりました。中面こそ有益で、かなりこだわって制作しているので、非常にありがたい反響でした。これを機会に過去号なども楽しく読んでいただき、皆さんのセルフケアに役立つことができればうれしいです。

 また、リプライでは「ドクメン8のアニメ化希望」といった話題も出ていたので、実現に向けてどなたかぜひご協力お願いします(笑)。

―― 表紙も話題ですが、どのように企画していますか?

アイセイ薬局 社内外のメンバーで編集チームを組成し、発行の4カ月ほど前から本格的に編集会議を積み重ね、表紙案などビジュアルデザインを詰めていきます。表紙は特に幅広くアイデアを検証するので、多いときで100案くらい考えることもあります。

 採用する表紙案のポイントは、決まりすぎているビジュアルではなく、ツッコミどころがあったり、いろいろと想像できるものを選びます。実際、話題になる表紙や人気のある表紙は、SNSでもよくツッコまれています。

 まず興味を持っていただかないと読まれないので、一般的な医療情報誌や健康情報誌とは一線を画す、インパクトのある表紙を心がけています。

ヘルス・グラフィックマガジン バックナンバーを見渡すと、テーマとかみ合ったインパクト抜群の表紙がずらり(公式サイトより)
ヘルス・グラフィックマガジン 「下痢・便秘」号の分かりやすさ(公式サイトより)

 ヘルス・グラフィックマガジンは、全バックナンバーが公式サイトで閲覧可能。「紙で欲しいが近くにアイセイ薬局がない」という人は、1冊400円となりますが定期購読を利用できます(バックナンバーは一部のみ、1冊1600円で通信販売)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」