食中毒をイケメンに擬人化!? 攻めた小冊子で注意喚起するアイセイ薬局に狙いを聞いた(1/2 ページ)

ウェルシュ菌「2日目のカレーに潜むぜ」……気をつけます。

» 2021年06月23日 20時15分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 食中毒を引き起こす病原体の擬人化キャラクター「ドクメン8」がTwitterで話題を呼んでいます。サルモネラもノロウイルスもアニサキスもみんな、いろんな意味で危険なイケメンに。

ドクメン8 仲良くなると、もれなくトイレや病院、最悪死神とも仲良くなれる8人組(画像提供:ねこねこさん)

 ワイルド系やクール系、インテリなど、多種多様なイケメンがそろった8人衆。ウェルシュ菌は「2日目のカレー」、腸管出血性大腸菌(O157やO111など)は牛レバー、ノロウイルスはカキ、アニサキスはイカといった調子で、それぞれ“お気に入りの潜伏先”を携え、食品に潜む食中毒リスクを体現しています。

 なお、そういったトリッキーな設定のアニメやゲームが発表されたわけではなく、ドクメン8は季刊フリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40」の食中毒特集企画。調剤薬局の「アイセイ薬局」がグループ店舗や医療機関などで配布している小冊子で、公式サイトでもデジタル版が無料配信されています。件のページも公開中で、ドクメン拝み放題。

ヘルス・グラフィックマガジン 記事としては、各食中毒の特徴と対策を伝える内容(ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40より)
ヘルス・グラフィックマガジン とてもテーマが分かりやすいゲロゲロな表紙にも注目。ほかにも、世紀末でヒャッハーな感じの人が危険なバーベキューをする漫画など、攻めた注意喚起が(ヘルス・グラフィックマガジン Vol.40

 ドクメン8は、薬局で同誌を入手した人のツイートがきっかけで広まり、「めっちゃ読みたい」「全員まとめて消毒したい」「恋わずらいで腹をわずらってしまう」などと話題に。「冊子全体がセンス最高」「通院のたびにもらうのが楽しみ」というファンも多い、ヘルス・グラフィックマガジンはどのように作られているのか、アイセイ薬局に話を聞きました。

―― 食中毒を擬人化するアイデアはどこから生まれましたか

アイセイ薬局 食中毒を起こす病原体は、名前が覚えにくく見た目も似ているので、擬人化してそれぞれの特徴を明確にし、印象を強く残すのが狙いです。あえてイケメンキャラにすることで、読者の皆さんに推しメンを選んでもらったり、楽しく知識を得られるページにしたいと考えました。

―― キャラ作りでこだわった点は?

アイセイ薬局 それぞれキャラの強いドクメンに特徴となるアイテムをからめ、やや上から目線のコメントで個性を際立たせました。危険なのに憎めない、もっと知りたいが遠ざけたい、そんな味わい深いキャラを目指しています。また「ドクメン8」という名前も覚えやすさを意識し、あえて実在のアイドルユニット風に寄せたものです。

―― ネットの反応についてどのように受け止めていますか

アイセイ薬局 正直ここまでの反響は予想していませんでした。表紙のインパクトが話題になることは多いのですが、今回は中面のコンテンツが注目され、詳しく読んでいただくきっかけになりました。中面こそ有益で、かなりこだわって制作しているので、非常にありがたい反響でした。これを機会に過去号なども楽しく読んでいただき、皆さんのセルフケアに役立つことができればうれしいです。

 また、リプライでは「ドクメン8のアニメ化希望」といった話題も出ていたので、実現に向けてどなたかぜひご協力お願いします(笑)。

―― 表紙も話題ですが、どのように企画していますか?

アイセイ薬局 社内外のメンバーで編集チームを組成し、発行の4カ月ほど前から本格的に編集会議を積み重ね、表紙案などビジュアルデザインを詰めていきます。表紙は特に幅広くアイデアを検証するので、多いときで100案くらい考えることもあります。

 採用する表紙案のポイントは、決まりすぎているビジュアルではなく、ツッコミどころがあったり、いろいろと想像できるものを選びます。実際、話題になる表紙や人気のある表紙は、SNSでもよくツッコまれています。

 まず興味を持っていただかないと読まれないので、一般的な医療情報誌や健康情報誌とは一線を画す、インパクトのある表紙を心がけています。

ヘルス・グラフィックマガジン バックナンバーを見渡すと、テーマとかみ合ったインパクト抜群の表紙がずらり(公式サイトより)
ヘルス・グラフィックマガジン 「下痢・便秘」号の分かりやすさ(公式サイトより)

 ヘルス・グラフィックマガジンは、全バックナンバーが公式サイトで閲覧可能。「紙で欲しいが近くにアイセイ薬局がない」という人は、1冊400円となりますが定期購読を利用できます(バックナンバーは一部のみ、1冊1600円で通信販売)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」