ニュース
» 2021年06月23日 22時13分 公開

「ファスト映画」投稿者3人を逮捕、全国初 「アイアムアヒーロー」「冷たい熱帯魚」など無断投稿

累計被害額は950億円超にのぼるとして、業界団体が対策に乗り出していました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 映画の内容を10分ほどに編集し、権利者に無断で投稿する「ファスト映画」を巡り、札幌市などに住む男女3人が著作権法違反の疑いで逮捕されたことが分かりました。「ファスト映画」投稿での逮捕は全国初。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は6月23日、摘発についてサイトで報告するとともに、今後も引き続き対策を進めていくとコメントしました

ファスト映画初摘発 現在も残っているチャンネルの一つ(画像加工は編集部によるもの)
ファスト映画初摘発 特に再生数が多かったチャンネルの一つ(動画は既に削除済み/画像加工は編集部によるもの)

 「ファスト映画」は2020年ごろからYouTubeで増え始めた動画スタイルの一つ。短時間かつ無料で映画の内容を把握できることから人気が高く、中には100万〜200万再生を超える動画も。CODAの推計では、これまでの累計被害額は950億円超にのぼるとされており、業界でも問題視する向きが強まっていました(関連記事)。

 CODAの発表によると、容疑者らは2020年6月〜7月にかけ、東宝が著作権を有する映画「アイアムアヒーロー」ほか2作品と、日活が著作権を有する「冷たい熱帯魚」ほか1作品の動画を権利者に無断でYouTubeに投稿し、不当に広告収益を得ていたとのこと。動画はいずれも映画の内容を10分程度に切り取り、ナレーションをつけるなどして編集されたものでした。

 今回の摘発を受け、CODAは次のようにコメントしています。

 「CODAでは、悪質なアカウントについては、海外のプラットフォーマーに対しても国際執行手続を行い、アップローダーを特定するなど対策を進めて参ります。また、これら動画を視聴する行為は、犯罪者に間接的に収益を与え、さらには作品を作り出す権利者の利益を損ねているという事実をぜひ知っていただき、安易な視聴は控えていただくようお願いいたします」。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」