ニュース
» 2021年06月26日 12時00分 公開

もし「史上最強の生物兵器」がグロかわいかったら 職員がメロメロになる漫画のパンチが強い(1/2 ページ)

研究員たちがとりこになるのも分かる。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 政府が極秘に生み出した史上最強生物兵器。その幼体の管理状況を見に行く調査員を描いた漫画に、緊張感とほんわか感とが入り混じっています。

試験体M-51 幼体といえど生物兵器

 生物兵器「試験体M-51」の生育環境の調査を命じられた監視員(29歳・独身)は、人里離れた研究所を訪れます。中にはきっと恐ろしい化け物が……と勇気を振り絞ってドアを開けると。

試験体M-51 なぜか愛されていた試験体M-51

 そこにはどこかかわいげな「最強の生物兵器」と、それを愛でる研究員たちの姿が。研究員は「実験によるストレス軽減のため」と説明しますが、生物兵器には「メロンちゃん」と名付けていることも判明。めっちゃかわいがってるやんけー!

 しかもこの生物兵器は、恐ろしい能力を身に付けたといいます。その名は「お手」。研究員は「おそろしいほどにかわいい……」と言葉を失いますが、監視員には、ぬめっとした触手で「お手」をしてくれるだけ。

試験体M-51 かわいいとは思えない。しかし……

 「最高にかわいい笑顔」と彼らがいうものも、どうみてもグロテスクです。

 だめだ。こいつらまったく仕事してねぇわ……監視員は、「職務怠慢」として「上」に報告しようと決意します。そのときでした。

試験体M-51 監視員に迫る危機

 荷物を運ぼうとした別の研究員が、よろけて書棚にぶつかったため、監視員の頭上に、いかにも重そうな段ボール箱が落ちてきそうになったのです。

 と、とっさにその荷物から救ってくれたのが、メロンちゃんでした。最初は気味悪がっていた生物兵器にも、ちゃんと人間を大切にする心が宿っていたことが分かった監視員。もちろん本部に「試験体M-51」の生育環境は完璧だったと報告。すっかり「メロンちゃん」のとりことなってしまうのでした。

 なるほど、メロンちゃんが「史上最強の生物兵器」と評される理由が分かりますね。読者からも「メロンちゃん愛されて強くなるんですね」「メロンちゃんにメロメロです」といった声が寄せられました。

 この作品は『週刊少年サンデーS』および「サンデーうぇぶり」に掲載されたもの。作者は野村UFO(@UFOnomura)さんで、「試験体M-51」のほか、「もふもふ禁断症状」「バディ・ジレンマ」「狼師匠の弟子離れ」などの読み切り漫画をサンデーSに掲載しています。

作品提供:野村UFO(@UFOnomura)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」