ニュース
» 2021年06月26日 20時00分 公開

単調で「欲しいものもわからない」ほど無気力な日々 窓から差し込む“光”が変えてくれた漫画に心が温かくなる(1/2 ページ)

なにかの転機に訪れる“光”のおはなし。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 毎日同じことの繰り返しで無気力になっていた女性に、“光”が別の生き方を示してくれた漫画に、心がじんわりと温かくなります。作者は漫画家の大白小蟹(@ROIHOS)さん。

 会社に行く途中の道。どこからか反射した四角い光を地面に見つけると、彼女は必ずそれを踏み抜くことにしています。「ひらけ、光のゲート」と唱えれば、どこか別の世界へ行けると思っているのです。

転機 転職

 しかし、当然そんなファンタジーのような奇跡が起こることはなく、会社につけば今日もエンターキーをひたすら押し続ける仕事が始まります。会社の窓からは空が見えないどころか、最近は工事の音まで響いてきます。3年間同じ会社で朝から晩まで単調な仕事をして、仕事が終わればただ帰るだけ。何かが足りないと思うけど、何が欲しいのかも分からないような空虚な日々を送っていました。

転機 転職

 しかしある日、いつもは差し込んでこないはずの夕陽がオフィスを照らし、ずっと行われていたビルの工事がようやく終わったことに彼女は気付きます。見慣れたオフィス、くそ上司、くそエンターキー……でも、夕陽に照らされたそれらはとてもキレイで……。

 「あーいまゲート開いてる」

 そう感じた彼女は、その場で“ある行動”に出るのですが……続きはぜひ漫画でご確認を。

転機 転職

 光のゲートに導かれることを信じていた彼女の目の前に、確かに開いた光のゲート。幸運な結末に導かれる漫画には読者から「これは漫画の形式による詩なんだなって思った」「読んでて幸せな気持ちになる」「私もゲート探してみよう!」などの声が寄せられています。

作品提供:大白小蟹(@ROIHOS)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」