ニュース
» 2021年06月26日 16時18分 公開

陸上の山縣亮太選手が五輪代表内定 小池祐貴選手とタイム差わずか1000分の1秒、1センチ差(1/2 ページ)

スタートダッシュを決めた多田修平選手が後続を振り切り優勝しました。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 「第105回 日本陸上競技選手権大会」が6月24日からスタートし、25日には、男子100メートル決勝が行われました。6日の布施スプリントで9秒95の日本新記録をマークした山縣亮太選手が3位に入り、東京五輪代表内定を勝ち取りました。

 4位に入った小池祐貴選手とのタイム差はわずか1000分の1秒で、距離に換算すると1センチ差。ネットでは「努力は報われる!! 山縣さんにピッタリの言葉ですね」と様々なアクシデントを乗り越えてきた山縣選手に祝福の声が多く寄せられていました。

山縣亮太 男子100メートルで3位に入り代表内定を勝ち取った山縣亮太選手(画像は日本陸上競技連盟公式Instagramから)

 男子100メートル決勝は過去にないハイレベルな戦いとなりました。自己ベスト9秒台を記録した選手が4人(山縣選手、小池選手、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手、桐生祥秀選手)。さらに多田修平選手を加えた5選手がオリンピック参加標準記録(10秒05)を突破していました。代表枠「3」をかける戦いにおいて、この5選手が決勝で3位以内に入れば代表内定となります。

 決勝は多田選手が10秒15で優勝。東海大学のデーデー・ブルーノ選手が2位に入りますが、3位から6位のサニブラウン選手まで、タイム差が0.02秒と大接戦となり、3位の山縣選手、4位の小池選手はともに10秒27。着差判定のために1000分の1秒単位まで公表されて、山縣選手は10秒264、小池選手は10秒265と1000分の1秒差、距離換算するとわずか1センチの差でした。

 代表内定を勝ち取った山縣選手は、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーメンバーで銀メダルに輝き、2017年9月の全日本実業団対抗、2018年8月のアジア大会では10秒00と9秒台まであと一歩と迫っていましたが、2019年に肺気胸となり戦線離脱します。

山縣亮太 4位とはわずか1センチ差で代表内定を勝ち取った山縣亮太選手(画像は日本陸上競技連盟公式Instagramから)

 2021年に入り戦列へ復帰した山縣選手は、6日の布施スプリント男子100メートルで9秒95の日本新記録をマークし、上り調子で日本選手権へ向かいます。決勝戦ではレース終盤に右足スパイクの靴ひもが解けてバランスを崩すものの、後続から迫ってきた小池選手らを1センチ差で凌ぎ、日本男子初の100メートルで3大会連続五輪出場を手中に入れました。

 なお、小池選手はTwitterで「今できる走りはしました。200mも力を尽くします」とコメントしています。

山縣亮太 準決勝1位通過の山縣亮太選手(画像は日本陸上競技連盟公式YouTubeから)

 山縣選手は「何ひとつ悔いのない準備ができた。自分の走るコースに集中したつもりだったけど、多田選手が中盤くらいで見えて、追いつこうと力んでしまった」と準備は万全で靴紐がほどけたことは言い訳にしませんでした。ファンは「レース後の態度、共に戦ってきた仲間への思いやり、クレバーさ、山縣くんを応援する所以だよ。怪我を乗り越え、よくここまで戻ってきてくれた」と苦労を乗り越えてきた山縣選手へ拍手を送っていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」