ニュース
» 2021年06月26日 21時30分 公開

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた(1/3 ページ)

これがアラブのエンターテインメントか。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 6月25日から、日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」が新宿バルト9と梅田ブルク7で公開されている。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 どこかのアメコミ映画で見たような「日本人よ、これがアラブのエンターテインメントだ」(予告編は黒田崇矢ボイス)という挑発的なキャッチコピーが付けられているが、本編を鑑賞してみれば、その自信のほどにも納得できた。

 作画や物語の質は高く、なおかつ独自の要素も盛りだくさんの、圧倒的な娯楽性を誇る内容に仕上がっていたのだ。具体的な作品の魅力を記していこう。

「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」予告編

古谷徹と神谷浩史の関係性で飯がどんぶりで食える

 本作の大筋は「戦士たちが侵略者に立ち向う」というシンプルなものだ。大勢の軍隊がぶつかり合い、お互いの軍勢の中から強者を選び戦うという「代表戦」も展開し、かわいいゾウさんまでもがバトルに参加する。このスケールの大きさと娯楽性の高さは、日本でも熱狂的な支持を得たインド映画「バーフバリ」を思い出す方も多いのではないだろうか。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 もちろん、ヒロイックな主人公も活躍する。日本の観客にとって大きな目玉となるのは、その声を務めているのが「名探偵コナン」の安室透役などでおなじみの古谷徹ということ。元より特徴のある声が、確かな信念を持ち戦いに挑む一方で、その内面には迷いや弱さをも見せる複雑な役柄にとても合っていた。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 そして、その古谷徹ボイスの実直な青年の、ライバル的存在のニヒルな傭兵を演じるのが神谷浩史である。彼はキレイゴトが嫌いであり、初めは思想を巡って主人公と対立する。しかし、実は共に過酷な少年時代を過ごした過去があることも分かり、ツンツンしているように見えて「コイツ……本当は久しぶりに幼馴染の親友に再会できて喜んでいるんだろう……!」とジワジワと思えるようになっているのだ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 筆者はここで「ライバルキャラがなんだかんだ言っても共闘して、肝心な時に助けてくれるやつだ」と思い始め、さらに物語が進むと「これをおかずにしてご飯何杯でもいけるな」となり、心の中で炊飯器のスイッチを押した。その予想は完全に当たっていた。「バーフバリ」的要素だけでもお腹いっぱいになれたのに、別腹で「どんぶりでいける! 何十杯でもいけるぞ!」という展開が雨あられのように待ち受けていたのである。

 古谷徹と神谷浩史のファンが必見なのは言うまでもなく、「お互いに憎からず思っている」関係性に萌えられる人は明日地球が終わろうとも見るべき1本だ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ
日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 また、主人公は表向きは「愚直」なまでに真っすぐでブレないキャラだ。彼を批判するライバルキャラがいなければ、その複雑な内面の多くは伝わらなかっただろう。関係性萌えだけに止まらない、作劇上も重要なキャラクターを作り上げていることを称賛したい。

超豪華キャストと最強レベルのスタッフたちのタッグ

 古谷徹と神谷浩史の他のキャストも、中村悠一、中井和哉、三石琴乃、麦人など、日本の声優界のアベンジャーズじゃないかと思うほどの豪華さで、耳が幸せK点越えである。特に黒田崇矢の悪役はカリスマ性がありすぎて秒で服従したくなる。公式サイトでの掲載はないが、小太りで親しみやすいキャラに川田紳司がバッチリハマっているのもうれしい。各声優のファンが見ても、きっと満腹になれるだろう。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」