日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた(1/3 ページ)

これがアラブのエンターテインメントか。

» 2021年06月26日 21時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 6月25日から、日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」が新宿バルト9と梅田ブルク7で公開されている。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 どこかのアメコミ映画で見たような「日本人よ、これがアラブのエンターテインメントだ」(予告編は黒田崇矢ボイス)という挑発的なキャッチコピーが付けられているが、本編を鑑賞してみれば、その自信のほどにも納得できた。

 作画や物語の質は高く、なおかつ独自の要素も盛りだくさんの、圧倒的な娯楽性を誇る内容に仕上がっていたのだ。具体的な作品の魅力を記していこう。

「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」予告編

古谷徹と神谷浩史の関係性で飯がどんぶりで食える

 本作の大筋は「戦士たちが侵略者に立ち向う」というシンプルなものだ。大勢の軍隊がぶつかり合い、お互いの軍勢の中から強者を選び戦うという「代表戦」も展開し、かわいいゾウさんまでもがバトルに参加する。このスケールの大きさと娯楽性の高さは、日本でも熱狂的な支持を得たインド映画「バーフバリ」を思い出す方も多いのではないだろうか。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 もちろん、ヒロイックな主人公も活躍する。日本の観客にとって大きな目玉となるのは、その声を務めているのが「名探偵コナン」の安室透役などでおなじみの古谷徹ということ。元より特徴のある声が、確かな信念を持ち戦いに挑む一方で、その内面には迷いや弱さをも見せる複雑な役柄にとても合っていた。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 そして、その古谷徹ボイスの実直な青年の、ライバル的存在のニヒルな傭兵を演じるのが神谷浩史である。彼はキレイゴトが嫌いであり、初めは思想を巡って主人公と対立する。しかし、実は共に過酷な少年時代を過ごした過去があることも分かり、ツンツンしているように見えて「コイツ……本当は久しぶりに幼馴染の親友に再会できて喜んでいるんだろう……!」とジワジワと思えるようになっているのだ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 筆者はここで「ライバルキャラがなんだかんだ言っても共闘して、肝心な時に助けてくれるやつだ」と思い始め、さらに物語が進むと「これをおかずにしてご飯何杯でもいけるな」となり、心の中で炊飯器のスイッチを押した。その予想は完全に当たっていた。「バーフバリ」的要素だけでもお腹いっぱいになれたのに、別腹で「どんぶりでいける! 何十杯でもいけるぞ!」という展開が雨あられのように待ち受けていたのである。

 古谷徹と神谷浩史のファンが必見なのは言うまでもなく、「お互いに憎からず思っている」関係性に萌えられる人は明日地球が終わろうとも見るべき1本だ。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ
日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ

 また、主人公は表向きは「愚直」なまでに真っすぐでブレないキャラだ。彼を批判するライバルキャラがいなければ、その複雑な内面の多くは伝わらなかっただろう。関係性萌えだけに止まらない、作劇上も重要なキャラクターを作り上げていることを称賛したい。

超豪華キャストと最強レベルのスタッフたちのタッグ

 古谷徹と神谷浩史の他のキャストも、中村悠一、中井和哉、三石琴乃、麦人など、日本の声優界のアベンジャーズじゃないかと思うほどの豪華さで、耳が幸せK点越えである。特に黒田崇矢の悪役はカリスマ性がありすぎて秒で服従したくなる。公式サイトでの掲載はないが、小太りで親しみやすいキャラに川田紳司がバッチリハマっているのもうれしい。各声優のファンが見ても、きっと満腹になれるだろう。

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた (C)2021 マンガプロダクションズ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」