ニュース
» 2021年06月28日 11時30分 公開

家賃滞納で追い出される→服を購入 ビームスの“うっかりOL”1週間コーデ記事にツッコミ殺到 攻めた企画の狙いを聞いた(1/2 ページ)

賛否両論を巻き起こすマイコ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ビームスが公開した“うっかりOL・新米主任マイコ”を主人公にした1週間コーデ記事が「服買ってる場合か」「メンタル強靭過ぎて笑っちゃう」などツッコミの嵐を巻き起こしています。ビームスに記事の狙いを聞きました。

「家賃滞納で家なしコーデ」ビームスが“うっかりOL”1週間コーデ記事公開→賛否のツッコミ殺到 担当者に狙いを聞いた 「家賃滞納で家を追い出された!取り急ぎ、明日すぐに着られるワンピを購入」(「マイコのサバイバル1週間コーデ」から)

 特設ページで「うっかりOL・新米主任マイコ(34歳)のサバイバル1週間コーデ」として公開された記事は、火曜日から月曜日まで曜日ごとの着回しをストーリー付きで紹介。仕事に奮闘しつつも「ポジティブだがうっかり者」というマイコの性格を反映しているイベントが毎日発生します。

 水曜日には「家にお財布を忘れちゃったぁ!でも大丈夫!ポケットの中の小銭をかき集めて切り抜けて」とポケットがたくさんついた服を着たり、日曜日には「家賃滞納で家を追い出された!取り急ぎ、明日すぐに着られるワンピを購入」として近所のビームスで取り急ぎ服を用意したりと、非常識とも見えてしまいそうな奇抜な生活を送っています。社会で生きていくギリギリのラインでのサバイバルです。

「家賃滞納で家なしコーデ」ビームスが“うっかりOL”1週間コーデ記事公開→賛否のツッコミ殺到 担当者に狙いを聞いた 「家にお財布を忘れちゃったぁ!でも大丈夫!ポケットの中の小銭をかき集めて切り抜けて」(「マイコのサバイバル1週間コーデ」から)

 規格外の1週間を過ごすマイコに対してTwitterでは、「服買ってる場合か」などツッコミが殺到。「うっかりOLとかいうレベル超えてて草」「家賃3ヶ月滞納ってかなりタチが悪いし 追い出されたその足でビームス行って服買って パワースポット巡りってメンタル強靭過ぎて笑っちゃう」とコンテンツを楽しむ意見が多いなか、一部では「BEAMSって自分とこの顧客をこんな風にイメージしているの?」といった批判的なコメントも見られます。

 Twitterでの反応も踏まえつつ、ビームスに企画の意図を聞きました。

マイコのサバイバル1週間コーデ企画の狙いについて聞かせて下さい。

──お客様と接している中でよくアドバイスを求められるのが1週間コーディネートや、着回しであったりするため、企画しました。

マイコをぶっ飛んだキャラ設定にしたのはなぜですか。

──現実ではありえないような状況も盛り込まれてはいますが、多くのお客様に1週間コーディネートを読み物として楽しんでいただければという思いからこうしたキャラクター設定となりました。

SNSでの反響についてどう受け止めていますか。

──多くの方にご覧いただけたことをとてもうれしく思います。ビームスのイメージからは少し離れているというご意見もいただいておりますが、コンテンツから興味を持っていただいたお客様にもビームスのアイテムと接点を持ってほしい、といった思いからこの企画が生まれました。貴重なご意見を参考に、今後もより多くのお客様に楽しんでいただけるよう良いコンテンツづくりを心掛けて参ります。これからもよろしくお願いいたします。


 今回の企画は、普段ビームスとの接点がない人ともつながりを持とうとしたものだったようです。マイコの奇抜さはもちろんフィクション。担当者が語るように、読み物として非現実的な設定を楽しむと、ビームスが持つ高級セレクトショップのイメージが違った角度で見えてくるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」