ニュース
» 2021年06月30日 10時00分 公開

「ドキドキ文芸部プラス!」モニカしか見えないパッケージ版(Switch/PS4/PS5)が発売決定 なおCEROは「C」

パッケージで泣く。

[ねとらぼ]

 サイコロジカルホラービジュアルノベル「Doki Doki Literature Club(DDLC)」に新要素を追加した日本語版が「ドキドキ文系部プラス!」として正式発表されました。パブリッシャーはPLAYISM。豪華初回特典付きのパッケージ版も10月7日に同時発売されます。

 「DDLC」は、文芸部に所属する4人の女の子と“詩の交換”を通じて交流するアメリカ発のビジュアルノベル。恋愛ゲーム風のイラストに反した衝撃展開があまりに有名になったからか、“サイコロジカルホラー”と堂々とジャンルを公表して発売されます(「いや恋愛だろ」と反論したくなる方も多いでしょうが……)。

 「ドキドキ文系部プラス!」には文芸部メンバーの人間関係が分かる全6話の長編追加ストーリーなど、新しいコンテンツを収録。発売にあわせてSteam版も正式に日本語対応します。

 価格はパッケージ版が4200円、ダウンロード版が1980円。CEROはCです。

プラス版の追加要素(公式発表より引用)

  • 今回のために新たに書き下ろされた、友情と文芸を描いた全6話から成る長編サイドストーリー
  • 新規CGや壁紙、初公開となるコンセプトスケッチなど、アンロックして収集できる100点以上の画像を収録
  • 13曲の新規楽曲を含む、全26曲を収録。アーティストにはNikki Kaelarをはじめ、ゲストとしてJason HayesとAzuria Skyが参加
  • ゲーム内で楽しめるDDLCミュージックプレイヤーを搭載。カスタムプレイリストでお気に入りの曲だけを聞いてくつろぐも良し、特に好きな一曲をリピートして雰囲気に浸るも良し
  • すべてのアートワークをフルHD(1080p)化し、原作を忠実にアップグレード

パッケージ版初回特典

  • キャラクタースタンド4個セット
  • フロッピーディスク型ペーパーカードに印刷したフルサウンドトラックダウンロードコード
  • ステッカーシール
  • ドキドキ文芸部メンバーズカード
  • モニカが書き下ろした詩
  • アジア版限定:オリジナルしおり4個セット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」