ニュース
» 2021年07月01日 12時15分 公開

【その視点はなかった】女性の「ネイルをすると気分が上がる」を男性に置き換えると「原っぱで手頃な長さの棒を拾う」になるのでは説(1/2 ページ)

棒しか思いつかなかった。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 そう言われてみれば「その視点はなかった!」と、声に出してしまいそうになるツイートをイラストでご紹介。今回は、妻が「ネイルをすると気分が上がる」というので、「男でいうと原っぱで手頃な棒を拾ったみたいな感じ?」と聞いてみたというもの。確かにテンションは上がるよ、棒は。

「ネイルでテンション上がる」を例えるなら

その視点はなかった これで合ってる?(イラスト:野田せいぞ

奥さんが「ネイルをすると気分が上がる」と言っていたので男の場合のそれは何だろうと思って「原っぱで手頃な長さの棒を拾うみたいなことか」と聞いたら「知らない」とのことでした。

(未満さんのツイートより)

 このツイートしたのは、未満(@_miman)さんです。自身の妻が「ネイルをすると気分が上がる」というので、その状態を男で例えるならなんだろうと考えてみた未満さん。「原っぱで手頃な長さの棒を拾うみたいなこと?」と聞いてみたところ、「知らない」との返事があったとのことです。

 これでお互い、わかりあえるような逆にわかりあえないような……。

 このツイートには、「棒もネイルも装備品だから同じ」と、卓越したリプライがあったほか、「自分の場合はにぎり心地のいい石だった」などと、おのおの「気分が上がる」アイテムを紹介するコメントが続きました。なるほど石も装備品になりそうだ。

 ほかにも、「お気に入りの革靴やゴルフクラブなどをピカピカにしたとき」、「新しいスニーカーを部屋で試し履きしたとき」、「クルマを洗車したとき」など、なんとか「ネイルをして気分が上がる」に近い「バフ」(能力をアップさせるもの)を見つけ出そうとするコメントが相次ぎました。

 わかりあえない感覚をなんとかわかろうとする、ある意味で優しい世界がここにありました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する