ニュース
» 2021年07月01日 20時00分 公開

亡くなったひいおばあちゃんと「夢の中で一カ月暮らした」 不思議で心温まる思い出を描いた漫画(1/2 ページ)

旅立つ前、最後に会いに来てくれたのかもしれません。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 お葬式。死者を弔い、残された人々がそれを受け入れるための儀式です。そのためでしょうか、不思議な体験を聞き集めるにあたっても、お葬式にまつわるお話には心温まるものが多い印象があります。

 今回ご紹介する作品は、イラストレーターのたこ(@takopetyach)さんが、お葬式の直後に体験したというお話。

私が経験したちょっと不思議な話 漫画

 たこさんが中学校1年生のころ、ひいおばあさんが96歳で亡くなりました。葬式の数日後、法要を控えた晩、たこさんは不思議な夢を見ます。

私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画

 夢の中で、たこさんが仏壇にお経をあげていると、背後に気配を感じます。振り返った先には、亡くなったはずの曾祖母が笑顔で座っていたのです。

私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画

 たこさんは曾祖母が生き返ったものと思い、お化けでもいいからずっと一緒に暮らそう、と伝えますが……ひいおばあさんは一言もしゃべることなく、困ったように首をかしげるばかりでした。

 しびれを切らしたたこさんは、せめて1カ月だけでも一緒に過ごそう、と提案します。それから2人は、夢の中で確かにひと月ほどの時を過ごしたそうです。

私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画
私が経験したちょっと不思議な話 漫画

 たこさんがその夢の内容を家族と親族に伝えたところ、意外な事実がいくつも判明します。曾祖母の服が亡くなった方に着せる「白装束」であったこと。その日が「三十五日法要」の日であったこと。夢の中で曾祖母が座っていた場所に、大きなシミができていたこと……。

 偶然にもそのような夢を観ただけなのか。あの世へ行く前に会いに来てくれたのか……。その真相は知る由もありませんが、たこさんが大好きな“大ばあちゃん”と過ごした1カ月は、現実とは異なる時間の流れに確かに存在したのでしょう。

作品提供:たこ(@takopetyach)さん
記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」