ニュース
» 2021年07月02日 18時51分 公開

鞄職人が本気で作った「スイカ持ち運び専用バッグ」発売 スイカのための素材を厳選、価格は11万円

本革にスイカを入れたいあなたへ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 革製品ブランドの土屋鞄製作所が、2020年に参考出展して話題を呼んだ「スイカバッグ」を正式に発売しました(関連記事)。2021年にちなんだ21個限定販売で、価格は11万円。

スイカバッグ 美しい球体で大玉スイカをすっぽり包み込む
スイカバッグ
スイカバッグ

 イタリア産の最高級牛革「バケッタ・ミリングレザー」を用い、職人がスイカ専用に作った手提げかばん。サイズは縦21センチ、横25センチ、最大マチ25センチで、L〜2Lの大玉がぴったり入ります。

スイカバッグ 重いスイカを持ち運ぶに十分な丈夫さと柔軟さを備えた素材を使用。使い込むほどに色味と風合いが強まる
スイカバッグ 内装には表面を平らに加工した牛革「スムースレザー」を採用
スイカバッグ 職人、門井(かどい)氏の作業風景。約60ものパーツを組み合わせている
スイカバッグ 革に少しでも余計な力が入るとたわみの原因になるという、底面の貼り合わせ作業。職人が細心の注意を払ってていねいに打っている

 口元をスイカより小さくしたり、8カ所のボタン留めでホールドしたりと、運ぶ際の安定性を向上する工夫も。片手で持ちやすく、手が痛くならないよう、持ち手には牛革が厚く巻かれています。

スイカバッグ ボタンでしっかり固定
スイカバッグ 手になじみやすいよう配慮した持ち手

 7月2日から25日までは、Twitterでプレゼントキャンペーンを実施。公式Twitterをフォローのうえ、所定のツイートを「スイカバッグに入れてみたいもの」のコメント付きで引用リツイートすると、抽選で1人にスイカバッグが当たります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」