ニュース
» 2021年07月02日 20時13分 公開

京大など研究チームが人類最古のサメ被害記録を更新 約3000年前の人骨からサメに全身を食いつかれた痕跡を特定

生々しい傷跡。

[関口雄太,ねとらぼ]

 京都大学オックスフォード大学などによる国際研究チームが、およそ3000年前のものとされる人骨についていた傷跡がサメ被害によるものだと特定、世界最古のサメ被害記録を更新しました。

京大が人類最古のサメ被害記録を更新 約3000年前の人骨からサメに全身を食いつかれた痕跡を特定 サメに食いつかれた痛々しい傷跡(画像は京都大学発表より)左:(C)Alyssa White、右:中務撮影

 人骨は岡山県の雲貝塚で発掘されました。傷は少なくとも790個あり、深いのこぎり歯状の傷が残っていたことなどからサメによる被害だとして調査を開始。傷が腕や脚、胸部と腹部の前面に限られていたことから、人間同士の争いや動物による被害、埋葬後に掘り起こしてついた傷の可能性を除外したといいます。

 埋葬された時期は、3000年以上前にあたる紀元前1370年から1010年の間と推定。左手は身を守ろうとしてかみ切られたと思われ、被害者は襲撃時には生きていたと考えられています。また、右足は見つかっておらず、左足は体に折り重なる状態で埋められていました。

 当時の人々がサメを捕らえようとしていたのか、偶然出くわしたのかなどはわからないとされていますが、調査報告では「襲撃後早期に発見されたことから、被害男性は仲間と釣りなどをしていたのではないか」と語られています。襲撃したサメの種類は、イタチザメもしくはホホジロザメに近いものだと推測されています。

 ちなみにサメが人を襲撃した先史時代の証拠は珍しく、これまではプエルトリコで発見されたおよそ1000年前のものが「人類最古のサメ被害」とされていました。今回の発見で約2000年記録が更新されたことになります。研究成果は6月23日の国際学術誌「Journal of Archaeological Science: Reports」に掲載されました。

京大が人類最古のサメ被害記録を更新 約3000年前の人骨からサメに全身を食いつかれた痕跡を特定 津雲 24 号人骨発掘時の写真(画像は京都大学発表より)(C)京都大学自然人類学研究室

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」