ニュース
» 2021年07月02日 20時06分 公開

【その視点はなかった】「人の話をよく聞こう」という先生に「パワハラ上司の話も?」と反論したら納得の答えが返ってきた(1/2 ページ)

よく考えたら「ひのきのぼう」しか持ってなかった。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 思わず「その視点はなかった!」と言いたくなってしまうツイートを、イラストでご紹介するこのコーナー。今回は、「人の話はよく聞こう」という倫理の先生に、「パワハラ上司や毒親(子供によくない影響を及ぼす親)の話もですか?」とたずねたところ、「まずは好きな人の話から」と諭されたという、そりゃそうだな……なお話です。

パワハラ上司や毒親は「ラスボス」だから

その視点はなかった まずは好きな人の話に耳を傾けるところから(イラスト:野田せいぞ

倫理の先生の「人の話をよく聴こう」みたいな話に「パワハラ上司や毒親の話もですか?」と反論したら
「レベル1でラスボス級を相手にしようとしなくていい。まずは好きな人の話をよく聴くところからレベル上げして。好きな相手の話すら聴いてない人、多いから」って言われたのすごい納得した

(F太さんのツイートより)

 このツイートしたのは、F太(@fta7)さん。倫理の先生の「人の話をよく聞こう」という言葉にF太さんは「パワハラ上司や毒親にもですか?」と反論したといいます。

 すると先生は、「レベル1でラスボス級を相手にしなくてもいい」「まずは好きな人の話をよく聞くところから」始めて、少しずつレベルを上げていくと良いというのです。そもそも、「好きな相手の話すらよく聞いてない人が多いから」とのこと。ものすごく納得です。

 このツイートには、「『好きな相手の話すら聞いてない人、多い』の言葉に海より深く反省」したというリプライがあったほか、「聞いているフリして聞いてないっていうのはすぐ分かる」と、話している側からの気持ちを吐露した声などが寄せられていました。

 また、こうした「返し」をさらりとやってのけた倫理の先生に「すごい良い先生!」「上手な返しに感動した〜」「なんてすてきなことを言う先生なんだ...(T-T)」「倫理の先生に人格者が多いということが分かりました」などと、称賛するコメントがいくつも寄せられていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」