ニュース
» 2021年07月03日 19時00分 公開

“穴に糸を通さなくていい針”が「これは便利」「知らなかった」と話題 メーカーに開発経緯や使うコツを聞いてみた(1/2 ページ)

糸通しが難しいシニア層に人気。

[新谷翔,ねとらぼ]

 「糸を通さなくてもいい針がある」ことを知って驚く2コマ漫画がTwitterで反響を呼んでいます。この便利な裁縫針についてメーカーに聞いてみました。

 話題を呼んでいるのは漫画家の石蕗こはな(@tsuwakoha)さんがTwitterに投稿した漫画。「裁縫は嫌いじゃないんですけど針の糸を通すのが大変なんですよね」と言う石蕗さんが、穴に通す苦労のない針があると担当さんに教えられて驚く内容となっています。針のくぼみに糸をのせて糸を引き下ろすだけで、糸が裁縫針に通る作りです。

そんな便利な針が!?(画像提供:石蕗こはな(@tsuwakoha)さん)

 リプライ欄などには「良いなぁ!」「老眼鏡つけて四苦八苦してたのに……!」「自らの物の知らなさに震える」などのその便利さを知った驚きの声が多く寄せられています。

 この針は「セルフ針」や「ワンタッチ針」などの名称で販売されています。「セルフ針」を販売する手芸用品大手のクロバーに開発のいきさつや使い方について聞いてみました。

―― セルフ針はいつごろからあるのでしょうか?

クロバー 1964年(昭和39年)に発売されました。

クロバーのセルフ針(画像はクロバー公式サイトから)

―― どういう経緯で開発されたのでしょうか?

クロバー アイデア自体はヨーロッパに由来するもので、当時国内でも一部で珍重されていましたが、大量生産ができず一般化していませんでした。

 普通の縫い物だけでなく当時流行していたフランス刺しゅうなどにも使用でき、糸通しが難しいお年寄りから糸通しが面倒な若い方まで重宝される針として、クロバーが規格化し、一般普及品として発売しました。

―― 「割れやすい」との声もありますが、使い方のコツは?

クロバー 確かに普通の縫い針に比べると、構造上、針の頭の強度が弱いです。糸を強い力で横方向に引っ張ると針の頭が割れる原因となりますので、優しく扱ってください。

 また、糸が抜けやすい場合は、太い針に細番手の糸を使用されているなど糸の太さが合っていないことが要因と考えられますので、糸と針の組み合わせにもお気をつけください。


 この針は別名「親孝行針」とも呼ばれているそうで、特に糸通しが難しいシニア層に人気があるそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する