ニュース
» 2021年07月05日 19時45分 公開

【その視点はなかった】ホラーの導入でよくある「いわくつきの場所に男女数人で……」というシチュエーション、もし数千人で突撃したらどうなる?(1/2 ページ)

結局どうなるの。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 これまで考えたことがなかった「その視点はなかった!」と、思わず誰かと共有したくなるツイートをイラストでご紹介。今回は、ホラー映画などでありがちな、いわくつきの建物に男女数人が入っていくシチュエーションで、数千人がテンションMAXで突撃したら、やっぱり怪奇現象は起きるのかというツイートです。ハイテンションで怪奇現象と対決するホラー、見てみたいぞ。

いわくつきの場所であったとしても

その視点はなかった リア充たちの出番だ!(イラスト:野田せいぞ

いわくつきの場所に男女数人で……みたいな導入のホラーを見てると「じゃあこれ数千人規模で超テンション上げて爆音爆光で包囲&突撃したら怪奇現象さんサイドってどうするんだろ……」っていう疑問がある

(硬梨菜さんのツイートより)

 このツイートをしたのは、硬梨菜(@BOSH_JP060)さん。ホラーでありがちな、少人数の男女が心霊スポットなどに入り込んでしまうという設定。そこに、数千人がテンションアゲアゲ、爆音かつ爆光で突撃していったら、「怪奇現象さんサイド」はどうするんだろうと疑問が湧いたというのです。確かに、大人数で押しかければ、どんな呪いも圧倒できそうな気がします。

 この投稿に対しては、「幽霊サイドも度を超えたバカならあきれて出る気にならないのでは」「貞子をプールで薄める理論」「(相手が)ほんとに逃げていきそう」などと、心霊現象に立ち向かうアイデアとして評価するコメントが寄せられました。

 一方で「自分が怪奇サイドなら当日までに大半の人間が連絡が取れなくなったり、急に予定の変更などで辿り着けない状態にして少数に絞ります」という、なかなかの「対策」を考え出す人もいました。

 いずれにせよ、面白いことになりそう。そんな設定の映画かゲーム、誰か作って。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」