「世界の終わりまであと7日」→「1日の長さを8760時間にします」 人類滅亡をとんちで先延ばす漫画がシュールな地獄絵図(1/2 ページ)

結局逃れられない終末。

» 2021年07月13日 07時30分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 「世界の終わりまであと7日になりました」――。突然訪れようとする終末を、とんちめいた政策で先延ばしにする漫画「七日後に終わる世界」がシュールで風刺的です。これで人類は救われる……のか?

アイキャッチ1 なぜかはよく分からないが、とにかく世界は終わるらしい。逃れる術は……?
漫画をまとめて読む

 日曜朝のニュースで世界の終わりを知り、困惑する主人公。終末となる次の日曜日は、待ちかねたデートの日なのに。

1P
2P

 その翌朝、テレビには耳を疑うようなニュースが。1日の長さを8760時間(365日間)に再定義すると、国連が決定したのです。これで世界に残された時間は約52560時間――つまり旧定義でいう約6年間に延長されました。

3P

 そんな屁理屈が通るかどうかはともかく、主人公は世界の終わり延びてんじゃん! とひと安心。ただ、困ったことにデートの日まで6年後になってしまいました。それ以上に問題なのが、この週明けからの出勤。会社が雇用契約をたてにして、“1日働け”と休ませてくれないのです。実際は以前でいう1年よ?

4P

 時間の定義は勤務中にも随時書き替えられ、どんどん長くなっていく“1日間”。終末が着々と延期される一方で、デートの日は17万5200時間後、つまり20年後になってしまいました。

 果てなく続く労働に、過労死する者も続出。試算すると現定義での“7日後”あたりには、世界の労働人口が死滅するという、どちらにしても変わりのない状態になってしまうのでした……。

 同作は綿桐さやさんによる、「日本SF作家クラブの小さなマンガコンテスト」応募作品。「朝テレビのスイッチを入れると、ニュースキャスターが『おはようございます。世界の終わりまであと七日になりました』」という場面からマンガを始めるルールの下、8ページ以内の短編を描く趣向で、8月31日までpixivで開催されています。

作品提供:綿桐さやさん

※この作品は「日本SF作家クラブの小さなマンガコンテスト」の参加作品ですが、記事化によって審査に影響がないことを日本SF作家クラブに確認しています


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」