ニュース
» 2021年07月13日 07時30分 公開

「世界の終わりまであと7日」→「1日の長さを8760時間にします」 人類滅亡をとんちで先延ばす漫画がシュールな地獄絵図(1/2 ページ)

結局逃れられない終末。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「世界の終わりまであと7日になりました」――。突然訪れようとする終末を、とんちめいた政策で先延ばしにする漫画「七日後に終わる世界」がシュールで風刺的です。これで人類は救われる……のか?

アイキャッチ1 なぜかはよく分からないが、とにかく世界は終わるらしい。逃れる術は……?
漫画をまとめて読む

 日曜朝のニュースで世界の終わりを知り、困惑する主人公。終末となる次の日曜日は、待ちかねたデートの日なのに。

1P
2P

 その翌朝、テレビには耳を疑うようなニュースが。1日の長さを8760時間(365日間)に再定義すると、国連が決定したのです。これで世界に残された時間は約52560時間――つまり旧定義でいう約6年間に延長されました。

3P

 そんな屁理屈が通るかどうかはともかく、主人公は世界の終わり延びてんじゃん! とひと安心。ただ、困ったことにデートの日まで6年後になってしまいました。それ以上に問題なのが、この週明けからの出勤。会社が雇用契約をたてにして、“1日働け”と休ませてくれないのです。実際は以前でいう1年よ?

4P

 時間の定義は勤務中にも随時書き替えられ、どんどん長くなっていく“1日間”。終末が着々と延期される一方で、デートの日は17万5200時間後、つまり20年後になってしまいました。

 果てなく続く労働に、過労死する者も続出。試算すると現定義での“7日後”あたりには、世界の労働人口が死滅するという、どちらにしても変わりのない状態になってしまうのでした……。

 同作は綿桐さやさんによる、「日本SF作家クラブの小さなマンガコンテスト」応募作品。「朝テレビのスイッチを入れると、ニュースキャスターが『おはようございます。世界の終わりまであと七日になりました』」という場面からマンガを始めるルールの下、8ページ以内の短編を描く趣向で、8月31日までpixivで開催されています。

作品提供:綿桐さやさん

※この作品は「日本SF作家クラブの小さなマンガコンテスト」の参加作品ですが、記事化によって審査に影響がないことを日本SF作家クラブに確認しています


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」