ニュース
» 2021年07月08日 18時49分 公開

【その視点はなかった】もしも「犠牲者の断末魔をマネて獲物を呼び寄せる系モンスター」が最後に食った人間の断末魔が、“怪物の正体の警告”だったら……(1/2 ページ)

言葉の意味まで分からなかったがゆえの悲劇。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 そう言われると、すごく納得してしまうツイートをイラストでご紹介する「その視点はなかった!」。今回は、ファンタジーなどに登場する「人間の断末魔をマネて別の人間を呼ぶ」タイプのモンスターが、「コイツは人の声をマネて人間を呼ぶ怪物だー」という声をマネてしまったら……と考察したツイートです。

(本当は近づいてほしいけど)「近づくなー!」

その視点はなかった おのれの才に溺れるモンスター(イラスト:野田せいぞ

食い殺した人間の断末魔を真似て新たな犠牲者を呼び寄せる系のモンスターだけど最後に食った人間の断末魔が「だ、誰も近付くなーっ!ぐはっ、コイツは人の声を真似て獲物を誘き寄せる怪物だ!」だったので誰も近付かなくなり餌が食べられず餓死するモンスター

(あぶぶさんのツイートより)

 このツイートしたのは、あぶぶ(@abubu_newnanka)さんです。

 例えばアニメ「メイドインアビス」に登場するナキカバネは、狙う生き物の声をマネることで獲物を呼び寄せる生物として描かれています。あぶぶさんは、そんな習性をもったモンスターが、例えば「コイツは人をマネて獲物を誘き寄せる怪物だ!」という断末魔をコピーしてしまった場合、誰も近づかなくなって、結局餓死するのではないかというのです。

 この手のモンスターはもともと「言葉を使うということは、モンスターではないだろう」という先入観を逆手にとったタイプ。しかし、断末魔の内容によってはその生存戦略が裏目に出てしまう可能性もあるわけです。これは考えるだけで「じわじわくる」のも分かります。リプライ欄には、このタイプを「オレオレ詐欺モンスター」と表現する人もいました。

 また、「最後に一矢報いた」「まさしく尊い犠牲」などと、危険を知らせる断末魔を上げたであろう人間を賞賛するコメントが寄せられていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」