ニュース
» 2021年07月09日 22時00分 公開

【共感しかない】自宅待機がつらすぎてサン宝石で「欲しいもの全て」を手に入れてしまった話(1/2 ページ)

サン宝石、やっぱ最強だわ!

[さあにん,ねとらぼ]

 思わず共感してしまうようなツイートを、イラストを交えて紹介。今回はゆきほさん(@yukifox)のエピソード、自宅待機がつらすぎてサン宝石で“全て”を手に入れてしまったというツイートです。


もう気分は超セレブな大富豪ですな(イラスト:野田せいぞ

自宅待機の辛さを吹き飛ばそうと、思いっきり「サン宝石」で買い物すると?

子供らと自宅待機つらすぎてサン宝石で3000円買い物しました サン宝石で3000円の価値分かりますか 欲しいもの全てです(ゆきほさんのツイートより)

 新型コロナウイルスの影響など、いろいろあって子どもたちと自宅待機続きになってしまったゆきほさん。溜まりに溜まったつらさを解消するぞと、思いついたのが「サン宝石」での買い物でした。その額、3000円! 「サン宝石」を知っている人ならきっとこの額に仰天するはず。

 「サン宝石」は小中学生の女子をメインターゲットとした雑貨やアクセサリーのメーカーなんですが、商品の中心価格帯は100円程度。中には1円(!)という商品もたくさんあるんです。ならば一体どれだけの商品を手に入れたのか。ゆきほさんが投稿した写真を見ると、まさに数えられないほどのアイテムがずらり! 子どもたちの味方「サン宝石」ならではの豪勢さ。これが3000円で手に入っちゃうんだからスゴい!



 そんな「サン宝石」の思い出にツイートも大きな話題に。ついには「サン宝石」公式アカウント(@sunhoseki)から、「こんにちは、サン宝石です。たくさんお買い物してくださったのですね!ありがとうございます。おうち時間を楽しく過ごすお手伝いができたら幸いです」というお礼のツイートまで寄せられました。また、ツイートが話題になりすぎたせいで、一時は公式サイトにつながりにくくなったほどだったとか。やっぱり読むと、買い物したくなっちゃいますよね。人気の「ほっぺちゃん」を思い出す方も多かったようです。

 ゆきほさんはこのときのことを自身のnoteにもつづっています。「サン宝石」での買い物を通じてのお子さんへの愛情を感じてください。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」