ニュース
» 2021年07月10日 21時00分 公開

素性を知らない文通相手、調べなければよかったのに…… 余計な詮索が恐怖につながるショートホラー漫画(1/2 ページ)

届いたたくさんの手紙、何が書かれていたのでしょうか……。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 一昔前の雑誌には結構な確率で載っていた定番コーナー「文通相手募集」。携帯電話の普及で電子メールに取って代わられ、今では各種SNSがその役目を担っていますが、それでも文通という文化は確実に、根強い人気を誇っています。

 今回ご紹介する作品は「文通」をテーマとした、その後を想像するのが恐ろしいものの……非常に気になってしまう内容です。

【漫画】手紙 漫画
漫画をまとめて読む

 文通をしている小さな女の子。届いた手紙を一緒に読んでいたお友達は「今どき手紙のやり取りなんて面白いの?」と尋ねますが、女の子はアナログなやりとりを楽しんでいるようで、返事が届くのを心待ちにしていました。

【漫画】手紙 漫画
【漫画】手紙 漫画

 文通相手について名前と住所しか知らず、顔は見たことがない……女の子がそう話すと、お友達はスマホを取り出します。検索エンジンに住所を入力し、ふたりはその結果を確かめたのですが……。

【漫画】手紙 漫画
【漫画】手紙 漫画

 スマホの画面に映っていたのは「建物のがれきのようなものが積まれ、立入禁止のテープがぐるりと巻かれた空き地」でした。

 住所は間違いなくこの空き地で、それなのに人が住めるような場所ではない……あっけにとられたふたりに、文通相手からの手紙が届きます。中に入っていた便せんはぐしゃぐしゃにされ、書かれたメッセージはたった一文だけ。

 「なんでしらべた」――。手紙を見て真っ青になるふたりでしたが、何も知らないお母さんは「今日は手紙がたくさん届いているわよ」と、明るく声を掛けるのでした。

 作者は漫画家の平田(@hirata_0420)さん。白泉社アプリ「マンガPark」にて、JKオオカミのアブノーマルライフを描いた作品『前世で食べられてから皆あなたの虜です』を連載中で、同作品の電子コミックスが2021年8月5日に発売予定です。

作品提供:平田(@hirata_0420)さん
記事:たけしな竜美(@t23_tksn


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する