ニュース
» 2021年07月11日 22時00分 公開

猫が借りてきた“話題の映画”を観たら…… まさに「借りてきた猫」状態になる猫ちゃんの漫画がいとおしい(1/2 ページ)

そういうことあるよね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 せっかくDVDを借りてきたのに見ている途中でくじけてしまった三毛猫さんの漫画が、Twitterで話題になっています

借りてきた猫 DVDを借りてきた猫さん

 三毛猫さんがDVDを借りてきました。作品は猫の間で話題だという「ゾンビVSサメ軍団」。飼い主さんはドリンク、三毛猫さんはオヤツを手に、仲良く並んで映画鑑賞です。

借りてきた猫 話題の映画のDVDを借りてきた三毛猫さん

 始めは楽しそうだった三毛猫さんですが、DVDがスタートすると無口に。お口も“への字”になってしまいました。

 作品が盛り上がるころには画面に背を向けてしまった三毛猫さん。飼い主さんの胸元にすっぽりと顔をうずめ、全く映画をみていません。

 飼い主さんに「止めようか?」といわれてしまった三毛猫さん。すっかりおとなしくなってしまい、これが本当の“借りてきた猫”状態に。三毛猫さんにはちょっと刺激が強すぎたみたいですね。

借りてきた猫 飼い主さんにしがみついてしまいました

 この漫画を描いたのはpandania(ぱんだにあ/@pandania0)さん。リプライ欄には「怖かったんだねぇ」「人間の子どもみたい」「無性にかわいい」といった声が寄せられています。

 ぱんだにあさんはTwitterの他、pixivコミックでも「ねこもんすたー」を配信中。6月12日には、極悪非道でキュートなネコたちが人間たちを堕落させていくコミック『悪の秘密結社ネコ2』が発売されました。

 Twitterには、悪の秘密結社ネコの手にかかり、真面目であまり笑わなかったお父さんが、猫の茶太郎にデレデレになっていく漫画や、身も心も猫に捧げてしまう人間会員山田の漫画などが投稿されています。猫を前に、人間は無力なのだ……!

悪の秘密結社ネコ 構成員茶太郎と人間会員田中

借りてきた猫
借りてきた猫
借りてきた猫
借りてきた猫
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」