ニュース
» 2021年07月12日 08時00分 公開

中身が最後に少し残ってしまう「カーブ部分」を排除 老舗の食品メーカーが開発した“ストレート瓶”が「すごい企業努力」と話題に

地味だけど大きな進化です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 海苔の佃煮などの瓶詰商品を「最後まで残さず使い切りたい……」というユーザーからの意見に応える“瓶の進化”が、Twitterで「すごい企業努力」「素晴らしい」と注目を集めています。

 1926年創業の老舗の食品メーカー「磯じまん」は、上記の意見を解決するため、長年使われてきたガラスの瓶の設計から見直し、瓶の内側をカーブがないストレート型容器に。これにより中身が取り出しやすくなり、「佃煮が少し瓶に残る…」という問題を解決しています。

 この一見地味に見えて大きな進化に、ネットでは「有り難い」「形状を変えるってことは設計、金型含めて変えるわけだから大層なコストがかかるはず」「偉すぎでしょ」と称賛する声が上がり、「思わず洗って再利用したくなるデザイン」と人気を呼んでいます。

磯じまん 生海苔 佃煮 ガラス 瓶 形状 進化 改良 ユーザーからの意見に応える形で瓶をストレートに(公式オンラインショップの商品ページより)

 同メーカーに“ストレート瓶”について伺うと、開発にあたって、製造工程上で瓶と瓶が当たった時に割れたりしてしまう問題を解決するのが苦労したとのこと。一般的な“くびれがある瓶”が流通したのも、損傷によってキャップがしまらなくなったりするのを防ぐため、少し口部分を狭くしなければならなかった結果のようです。

 ストレート瓶では「接触面(ビード)の厚さなどを変えたりといった試行錯誤を行いました」とのことで、瓶の外側に出っ張りをつけることで、口部分の衝突を防ぐことが可能に。なお、その試行錯誤は約2年間かけて行われ、現在の形となりました。

 ストレート瓶が採用されているのは、生の青さのりを使った海苔佃煮「生のり」と、紀州産の南高梅干しのペーストに国産かつお節と紫蘇を和えた加工品「山海ぶし」の2商品。 なお、他の「いそマルシェ」や「のりのり」などでは、カーブの角度がゆるく、取り出しやすい瓶を使用した商品もあります。

 補足として、同社の社名にもなっている代表商品の海苔佃煮「磯じまん」の瓶は、触って商品が特定できる“盲牌商品”としてデザインされています。独特の下側がすぼんだ形状で、オリジナルの瓶を90年以上使用しており、こちらはこちらでこだわりの瓶となっています。

磯じまん 生海苔 佃煮 ガラス 瓶 形状 進化 改良 中身も瓶も伝統を守り続けている海苔佃煮「磯じまん」(公式Instagramより)

 今回の反響についてメーカーは、「2016年にストレート瓶を使用した商品を販売した際に、雑誌や新聞に広告を出したりもしたのですが、これほど大きな反響はなかったので、SNSの影響力にビックリしております」とかなり驚いた様子。「遅ればせながら今年から公式SNSを立ち上げたのですが、Twitterで大きく取り上げていただいたおかげで、公式の方のフォローをしていただいた方もいらっしゃって、担当者が大変喜んでおります」。



 磯じまんは公式Twitter(@isojiman_co_jp)公式Instagram(@isojiman.official)で、それぞれ商品やオススメの食べ方などを紹介しています。また近くのスーパーに置いていない場合などには、公式オンラインショップ「美味じまん」から購入できますよ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」