ニュース
» 2021年07月11日 22時20分 公開

【共感しかない】彼氏にボロボロのホテルを提案され「さすがに悲しい」「私との時間にお金かけたくないんだ…って感じる」と伝えたら……(1/2 ページ)

価値観のすれ違い。まずは相手にぶつけてみましょう

[さあにん,ねとらぼ]

 思わず「わかる!」とうなずいてしまう、「共感しかない」ツイートをイラストで紹介するコーナー。今回は漫画家・エッセイストの灯諸こしきさん(@toumorokoshiki)のエピソード。2人での泊まりに、ボロボロのホテルを提案され、悲しい気持ちに……。


こんなホテル、提案されたらやっぱり驚愕ですよね(イラスト:野田せいぞ

感じたことを伝えたら、彼氏の本当が見えてより楽しく過ごせるように!

彼氏にボロボロのホテルに泊まることを提案されたとき、「それはさすがに悲しい。私との時間に絶対お金かけたくないんだ…って感じる」と伝えた上で、高級ホテルのランチコースを奢ったら、そこから扱いがかなり変わった。

「格安店でも楽しめる彼女」と「雑な扱いでもいい女」は紙一重なので要注意。(灯諸こしきさんのツイートより)


 2人でのお泊まりに、ボロボロの安ホテルを提案されたという灯諸さん。「それはさすがに悲しい」「私との時間に絶対お金かけたくないんだ…って感じる」と素直に気持ちを伝え、さらに高級ホテルのランチコース奢ってあげることで、無事彼氏の意識変革に成功したようです。「格安店でも楽しめる彼女」と「雑な扱いでもいい女」は紙一重――心に刻んでおきたい言葉です……。

 ちなみに彼氏は体育会系の出身で、男子学生だらけの合宿や旅行に慣れてしまっていて、それが普通になってしまっていたとか。2人は普段から「交互に奢るスタイルの割り勘カップル」で、対等な関係だからこそ不満を伝えられたとも灯諸さんは振り返っています。なお、その後2人は、“灯諸さんが優待券を持っている小ぎれいな3.5星ホテル”を毎回選ぶようになり、良好な空間を構築できているようです。



 灯諸こしきさんは、恋愛や男心に関するエッセイを自身のnoteでも公開中。エッセイをまとめた著書も発売されています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」