ニュース
» 2021年07月13日 20時00分 公開

【共感しかない】時々「いいね」してくれる人の肩をつかんで「俺らもう両思いじゃん?」って言いたいけどフォローする勇気がでない(1/2 ページ)

距離が近づくほどフォローするのに勇気がいるよね。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 うなずきが止まらなくなるほど「わかる」と言いたくなるツイートをイラストでご紹介する「共感しかない」。今回はSNSで「いいね」をしあう仲ではあるものの、まだフォローしていない人に「なぁ俺らもう両思いじゃん?」とフォローしたいけれど、その勇気がでないというツイート。わかるわかる。こっちの勘違いだったら、申し訳なくなっちゃうしね。

「いいかげん、直接話そうぜ?」

共感しかない 「そんなつもりじゃなかった」って言われそうで。(イラスト:野田せいぞ

いいねを貰うことが多いけどフォローし合っていない垢(多分あちらはリスト管理してる?)の人、肩をがっと掴んで「なぁ俺らもう両思いじゃん?いい加減直接話そうぜ、俺ずっと話したかったんだ…」って行きたくなるけど最近フォローする勇気が出ない ゴリラを遠くで見たいだけかもしれないし

(むさんのツイートより)

 ツイートしたのは、む(@nijikusa)さん。時々「いいね」はくれるもののフォローし合ってはいないという、微妙な関係にある人の肩をつかんで「いいかげん、直接話そうぜ、俺ずっと話したかったんだ……」と言いたいという、むさん。

 でも、「フォローする勇気がでない」とも言います。その理由は、相手はただ「ゴリラを遠くで見たいだけかもしれない」から。SNSのフォローは一種の好意を示すもののようにも感じられ、相手に迷惑じゃないかなって考えてしまうこと、ありますもんね。

 むさんは、フォロー外からの「いいね」は「いやじゃない、うれしい」としつつも、「おしゃべりもっとできたらうれしいのにな」と、もう少しSNS上で交流したい気持ちものぞかせています。

 このツイートには、「わかる」「私なんかがすみませんという心境」「いつも受け身なので勇気がいる」など、まさに共感しかない繊細なコメントが多数寄せられていました。

 また「ずっとフォローしていると思ったら誰かの『いいね』やリツイートで見ていたことに気づいた」と、勘違いでフォローしていない可能性を示唆する人や、「それはすでにフォローし合ってると思い込んでるだけ(相手も)その気になっている可能性も高い」と励ます人もいました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」