ニュース
» 2021年07月16日 12時20分 公開

「ポケットピカチュウ」を手作りクッキーで再現……! 本物そっくりで「かわいいしすごい」「懐かしすぎる」の声(1/2 ページ)

手に持った見た目がそのまんま!

[宮原れい,ねとらぼ]

 1998年に任天堂から発売された「ポケットピカチュウ」を実物大で再現したクッキーがすごいと話題です。見た瞬間に思い出が蘇るくらいの再現度の高さ……!

ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 本物みたい……!

 作者はお菓子クリエイターの「まんなたぬき」さん(@maaco414)。自身のTwitterとYouTubeで制作過程を公開しています。

 ピカチュウと一緒に歩いたり、プレゼントをあげて仲良くなったり、ゲームができたり。当時人気を呼んだ歩数計機能のある小型ゲーム機・ポケットピカチュウを、砂糖や卵白を着色してデコレーションした「アイシングクッキー」で再現しています。

ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 まずは手作りクッキーにアイシングを細く絞って縁取り
ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 色づけされていくのが楽しい

 最初は、穴が開いたクッキーに黒と黄色のアイシングで縁取りをして、それから流し込むように色を付けていきます。ボタンの色合いや、思わず押したくなる凸の表現も見事で、きれいに出来上がっていくのが見ていて気持ち良いです。

ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 見ていて特に気持ちいい瞬間
ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 小さめな「Nintendo」の文字もしっかりと描いています

 そして開いた穴の部分には、あめを流し込むことで液晶画面を再現。うっすら色が付いているのもそれっぽいです。さらにその上から細くアイシングを絞って、ピカチュウや歩数といったアイコンを描いて表示させたら完成です。手に持った見た目が本物そっくり! 

ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 小型の液晶画面はあめで再現
ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 ちょっぴりカクカクしたドット絵のピカチュウもバッチリ再現

 ちなみに液晶下に描いた文字「ポケット(POCKET PIKACHU)」の「E」を忘れてしまったことを後で気付いたそうですが、それもまた手作りクッキーの醍醐味(だいごみ)を感じてほっこりします。また動画の最後にある、ポケットピカチュウを手で振るという“あるある”にもニヤリとします。ひたすらに懐かしい……。

 Twitterではその技術に「すげえ!」「ずっと見ていられる」と称賛する声が寄せられたほか、「懐かしすぎるぅ!」と当時を思い出す声から「うちの子はまだまだ現役です」との声もみられ、多くの人を笑顔にしています。

ポケットピカチュウ アイシング クッキー 飴 かわいくて懐かしいクッキーの出来上がりです

 まんなたぬきさんは、以前にも「たまごっち」の実物大アイシングクッキーや「カービィ」のメレンゲクッキーが話題に。見ているだけで楽しくなるさまざまな作品を作っており、YouTubeチャンネル「まんなたぬきManna-Tanuki」では長めのメイキング動画も公開しています。

画像提供:まんなたぬき(@maaco414)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」