ニュース
» 2021年07月15日 12時58分 公開

「ネコチャン……採用……」で決まった? 新宿街頭ビジョンはなぜ“巨大ネコチャン”を映すことになったのか運営に聞いた(1/2 ページ)

正式稼働スタートで出番も増えるそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 JR新宿駅東口の街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」にときどき映る巨大ネコは、7月1日のプレ稼働から登場するなり大人気(関連記事)。ネットの一部では「そもそも、なぜネコなのか? 運営がネコの魅力にやられたのか?」などと推測されていたのですが、公式Twitterがおおむね事実だと認めてしまいました。マジかよ!

新宿のネコ プレ稼働時のネコさま

 クロス新宿ビジョンは、縦8.16メートル×横18.96メートルのサイネージを採用。名物の巨大ネコは、その湾曲形状を利用した、立体的に見える錯視映像で、広告の合間に現れては通行人に話しかけるなど、愛くるしい姿を見せています。

新宿のネコ サイネージの湾曲形状を生かして奥行き感を強めている

 同じ形式の映像は既に海外の街頭ビジョンでも流れていましたが、内容の多くは大波や宇宙といった壮大な風景。そこであえてネコを選んだ背景には、「ネコチャン……」「おっきいネコチャン……ファンタスティック……採用……」といった会議があったのではと想像するツイートが拡散されていました。

 これに対して、公式は「だいたいそんな感じでした!」とまさかの反応。実際にどんな経緯があったのか、編集部は運営社のクロススペースに聞きました。

―― ネコの映像を選んだ理由を教えてください。

クロススペース:こちらの大型街頭ビジョンを設置した、「クロス新宿ビル」が最近完成しました。それに合わせて、コロナ禍でも皆さんが明るくなるような、マスコットキャラクターを作りたいと思い立ったのがきっかけです。

 ほかの動物のアイデアもありましたが、渋谷のハチ公、池袋のいけふくろう以上に愛されるのは何だろうと考えたとき、老若男女問わず人気の「ネコだ!」と、決まりました。

―― 映像製作にあたってこだわった部分はありますか。

クロススペース:ネコの動きを骨格レベルから分析し、フルCGで再現したところです。作業はとても細かく、1秒1秒を作るのがとても大変で、どんな動きをつけるかといった話し合いを含めて、年初から5カ月ほどかかりました。時間的にもあまり長いものを作るわけにはいかないので、限られた時間の中でどれだけ楽しんでもらえるアクションを詰め込むかという点に苦労しましたね。

―― SNSの反響についての感想は。

クロススペース:ここまでの反響は想像以上でしたね。もともと「みんなに愛されるマスコットキャラを作ろう」くらいの企画だったのですが、これだけ大勢のかたがたに観ていただけて、本当にありがたいことだと思っています。



 大人気の巨大ネコですが、現状では1回の登場時間は15秒程度なのがネック。スマホでの撮影が間に合わず、広場が次回の放映を待つ観覧者で混み合う現象も確認されています。

新宿のネコ 仮放映時の新宿駅東口駅前

 そこで運営は当面の間、ネコの露出回数を当初の計画よりも大幅に増やし、放映時間をTwitterで告知するといった、撮影待ち観覧者数抑制対策を決定。今後も現在制作中の「無重力編」をより長い映像としたり、各種ネコ動画をまとめて長尺にしたりと、観覧者が見やすいよう対策を打っていくとのことです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」