ニュース
» 2021年07月15日 12時58分 公開

「ネコチャン……採用……」で決まった? 新宿街頭ビジョンはなぜ“巨大ネコチャン”を映すことになったのか運営に聞いた(1/2 ページ)

正式稼働スタートで出番も増えるそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 JR新宿駅東口の街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」にときどき映る巨大ネコは、7月1日のプレ稼働から登場するなり大人気(関連記事)。ネットの一部では「そもそも、なぜネコなのか? 運営がネコの魅力にやられたのか?」などと推測されていたのですが、公式Twitterがおおむね事実だと認めてしまいました。マジかよ!

新宿のネコ プレ稼働時のネコさま

 クロス新宿ビジョンは、縦8.16メートル×横18.96メートルのサイネージを採用。名物の巨大ネコは、その湾曲形状を利用した、立体的に見える錯視映像で、広告の合間に現れては通行人に話しかけるなど、愛くるしい姿を見せています。

新宿のネコ サイネージの湾曲形状を生かして奥行き感を強めている

 同じ形式の映像は既に海外の街頭ビジョンでも流れていましたが、内容の多くは大波や宇宙といった壮大な風景。そこであえてネコを選んだ背景には、「ネコチャン……」「おっきいネコチャン……ファンタスティック……採用……」といった会議があったのではと想像するツイートが拡散されていました。

 これに対して、公式は「だいたいそんな感じでした!」とまさかの反応。実際にどんな経緯があったのか、編集部は運営社のクロススペースに聞きました。

―― ネコの映像を選んだ理由を教えてください。

クロススペース:こちらの大型街頭ビジョンを設置した、「クロス新宿ビル」が最近完成しました。それに合わせて、コロナ禍でも皆さんが明るくなるような、マスコットキャラクターを作りたいと思い立ったのがきっかけです。

 ほかの動物のアイデアもありましたが、渋谷のハチ公、池袋のいけふくろう以上に愛されるのは何だろうと考えたとき、老若男女問わず人気の「ネコだ!」と、決まりました。

―― 映像製作にあたってこだわった部分はありますか。

クロススペース:ネコの動きを骨格レベルから分析し、フルCGで再現したところです。作業はとても細かく、1秒1秒を作るのがとても大変で、どんな動きをつけるかといった話し合いを含めて、年初から5カ月ほどかかりました。時間的にもあまり長いものを作るわけにはいかないので、限られた時間の中でどれだけ楽しんでもらえるアクションを詰め込むかという点に苦労しましたね。

―― SNSの反響についての感想は。

クロススペース:ここまでの反響は想像以上でしたね。もともと「みんなに愛されるマスコットキャラを作ろう」くらいの企画だったのですが、これだけ大勢のかたがたに観ていただけて、本当にありがたいことだと思っています。



 大人気の巨大ネコですが、現状では1回の登場時間は15秒程度なのがネック。スマホでの撮影が間に合わず、広場が次回の放映を待つ観覧者で混み合う現象も確認されています。

新宿のネコ 仮放映時の新宿駅東口駅前

 そこで運営は当面の間、ネコの露出回数を当初の計画よりも大幅に増やし、放映時間をTwitterで告知するといった、撮影待ち観覧者数抑制対策を決定。今後も現在制作中の「無重力編」をより長い映像としたり、各種ネコ動画をまとめて長尺にしたりと、観覧者が見やすいよう対策を打っていくとのことです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」