「私は社畜でした」 友達の通夜より仕事を優先しようとした実体験 ブラック労働に感情を壊される漫画が壮絶(1/2 ページ)

仕事を回すことで頭がいっぱい。友だちの死すら素直に悲しめないように。

» 2021年07月17日 12時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 過酷な労働環境に心も体も支配され、自分の感情や大切な存在を見失う――。そんな「社畜」といえる状態になった経験を描いた漫画が注目を集めています。作者は芹澤柚衣(@serizawan23)さん。

私が社畜をやめるまで タイトな仕事にがんじがらめ。いつしか当たり前の感情すら持てないように

 某社の添乗員として働いていた芹澤さんは、当時を振り返り「私は社畜だった」と言います。勤務は朝7時半から22時半、社員は率先してサービス残業しなければならない風潮で定時には帰れず、人員に余裕がなく体調が悪くても休めないハードな職場でした。

私が社畜をやめるまで 電車に飛び込むのでは……と不審気に見られる羽目に

 毎日へとへとになるまで立ち仕事。帰宅途中に電車のホームを見つめながら泣き続けてしまうことも。そんな日々の中で、気付かないうちに精神は限界を迎えていたようです。そしてある日、職場にいた芹澤さんに友達の訃報が届きました。

私が社畜をやめるまで 「友達の死を悲しむ」「定時に帰りお通夜に出席する」――そんな当たり前のことすら許されないと錯覚してしまったのでした

 メールを見るなり、掃除用具ロッカーでうずくまる芹澤さん。同じ職場の方が心配して声を掛けますが、「私はアテンドリーダーなので 休憩室でこんな顔 見られる訳にいかない」「放っておいてください」と、憔悴(しょうすい)しながらもかたくなな態度を取り続けます。

私が社畜をやめるまで 何とかお通夜に到着

 それでも、なお「後のことは何も考えなくていいから 行きなさい」と諭され、芹澤さんは退勤。友達の通夜に飛び込むように参加します。最後のお別れには間に合いましたが、その後、仕事を辞めることに。もう休んでも良いんだと理解したとたん、起き上がれなくなり、何日も眠りこんでしまいました。

私が社畜をやめるまで これまでの疲れが、どっと出てしまったのでしょう

 目を覚ました芹澤さんは、埃(ほこり)をかぶったペンを見て、好きだった絵を長く描いてなかったと気付きます。久しぶりに絵を描きながら「良い人ばかりだったけど 心から 仕事を辞めて良かったなぁ」と実感するのでした。

 漫画には「泣けた」「自分の社畜時代を思い出して泣いてしまった」と感じ入る声が上がりました。「辞める選択が出来て良かった」「マトモな環境だけの社会になりますように」と芹澤さんを気遣う人も。勤務の過酷さに追い詰められていく心情がよく伝わり、感情移入しながら読んだ人が多そうです。

 そして、再び絵を描き始めるラストについては「また絵を描き始めるくだりすごく好き 再生の儀式」「"人間に戻る"物語が過去の自分を見ているようで胸が締め付けられました」といった感想が寄せられています。単に仕事を辞めるだけでなく、自分らしさを取り戻していく過程が描かれることで、救いを感じる人もいるのでしょう。

 芹澤さんは実体験をもとに本作を描いたことについて、「色んな事情があるので一概には言えないけれど、あなたの人生を二の次にしなければ回らないような職場にいる方は、一度考えてみてもいいかもしれません」というメッセージも発信しています。

 芹澤さんは趣味の漫画をpixivやTwitter、アルファポリスに投稿しています。

作品提供:芹澤柚衣(@serizawan23)さん
記事:谷町邦子(FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評