ニュース
» 2021年07月21日 21時00分 公開

「呪われた子」と家族に虐げられる中での初恋 “人が色で見える”目を持つ女の子の漫画に涙(1/2 ページ)

色しか見えないからこそ見えることがあります。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 少し不思議な目を持った女の子の漫画が、読者の涙を誘っています。作者は漫画家の高瀬雛(@hina0123511)さん。

 時は大正。幼い頃に母を亡くして以来、八重子は父と妹から「呪われた子」として、忌み嫌われていました。八重子は盲目ながら、人を色として捉えることができます。例えば「妹の縁談相手に色目使うなんて」と、憎々しげに八重子をせっかんしている妹は、深く、暗く、冷たい青い形をしています。

シンデレラ

 妹の縁談相手であるノエルは、財閥の御曹司ながら“異人”のような見た目。妹は「あんな目と髪して」と罵りますが、八重子の目に写ったノエルは、今まで出会ったことのないような暖かくて優しい色でした。人目を避けて生活している八重子に同情するのは、彼もまた自分の見た目への負い目があるためです。

シンデレラ

 報われない人生だと思っていた八重子の前に現れた、暖かくて優しい色の持ち主。しかし、ひかれた相手にまた会いたいと思っていた矢先、妹から縁談がまとまったことを聞かされてしまったのでした。

シンデレラ

 同時に、今までのことを誤りたいという妹。その言葉を受け入れ一緒に出掛けるのですが、妹は目の見えない八重子を置き去りにしてどこかに行ってしまいます。そこに寄ってくる、怪しい男たち。八重子は一体どうなってしまうのか。

 読者から「すてき……」「泣きました」などの声を呼んだ、切なくてはかない八重子の恋の行く末はどう展開していくのか。漫画の続きで確認してみてください。

作品提供:高瀬雛(@hina0123511)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」