ニュース
» 2021年07月19日 21時00分 公開

ノッチ、井戸田の呪われた(?)ハーレーを直撃するも「盗撮すんな!」 予想通りぐだぐだな展開に「ノッチらしい……」の声(1/2 ページ)

SLピンク号の人気にあやかりたいけれど……。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「デンジャラス」のノッチさんが7月6日、自身のYouTubeチャンネル「ノッチちゃんねる」を更新。“ハンバーグ師匠”名義でも活動する「スピードワゴン」井戸田潤さんのバイク「SL(ソープランド)ピンク号」を直撃取材した様子を披露しました。

ノッチちゃんねる ハンバーグ師匠の愛車を撮影しようとしますが……(ノッチちゃんねるより)
【コラボ】なんだよ急に!約束しただろ【井戸田のハーレー】(YouTube/ノッチちゃんねる)

 バイク大好き芸人・ノッチさんから「ライダー友達が来てくれています」と紹介された井戸田さん。2人の楽しい絡みが始まるのかと思いきや「コラボの許可などしてない」といきなりキレ気味です。井戸田さんの愛車、ハーレー「SLピンク号」(関連記事)を前に不穏な空気が漂います。

ノッチちゃんねる ハンバーグ師匠は「盗み撮りすんな」「許可していない」とご機嫌ナナメな様子

 何せ井戸田さんの愛車・SLピンク号は、雨上がり決死隊・宮迫、チュートリアル・徳井、アンジャッシュ・渡部、映画コメンテーター・有村昆……「それを揶揄(やゆ)した芸人・有名人が次々に謹慎になる」伝説ができてしまった、本人いわく「日本一有名」なバイク。ノッチさんはそんなバイクの人気にあやかりたくて仕方ないのです。

 「だめ」って言うけれど、それならなぜその場に一緒にいるの……? どうやら井戸田さんとノッチさんがそろって出演した別のYouTubeチャンネル(TOKYO BB returns)で出かけたツーリング撮影の合間に、ノッチさんが「ちょっとだけ」と自身のチャンネルをいきなり撮り始めたからのようです。

ノッチちゃんねる ファンの期待に応えようと食い下がるノッチさん、許可しない井戸田さん
(参考)2人が共演した、マッコイ斉藤さんによるYouTubeチャンネル「TOKYO BB returns」

 井戸田さんおよび人気ハーレーとのコラボで登録者数アップをもくろむノッチさん。バイク愛を語る自身のチャンネルに「ハンバーグ師匠とのコラボを期待するコメントが来ているから」などと猛アピールします。

 さらに「ピンクの美しいハーレーを撮らせていただいて……」といろいろゴマをすりつつSLピンク号を撮影しようとしますが、「盗み撮りだめ!」と井戸田さんは制止。「さっきいいよって言った」「言ってない」とぐだぐだな展開に。

ノッチちゃんねる 言い合いになる2人

 頑なに愛車の撮影を認めない井戸田さん。「(ノッチチャンネルは)バイク好きな人が見てるから」となんとか許可の方向へ持っていきたいノッチさん。頑張れ……。やっぱり「なんで盗み撮りするんですか! だめ」。井戸田さんが一枚上手でした。

 結局、SLピンク号の紹介は叶わず「すてきなバイクです」と軽ーく触れただけで終了。2人の正式なバイクコラボは見られるのか。

ノッチちゃんねる SLピンク号の紹介はお預け

 ファンからも「コラボツーリング楽しみにしてます」「さすが、ハンバーグ師匠の演出力」「面白い面白い!」「井戸田のペースに持っていかれちゃいましたね・・ノッチさんの流れで観たいであります」「最後の噛み最高安牌」などのコメントが寄せられていました。頑張れノッチさん。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」