ニュース
» 2021年07月19日 19時00分 公開

【そんなことある?】「語彙力」じゃなくて「語尾力」? うろ覚えで言葉を使う恐ろしさとは(1/2 ページ)

みんなネットで文章を書く時代だからなあ。

[しげる,ねとらぼ]

 「そんなことある?」と言いたくなるようなツイートを、イラストを交えて紹介。今回はついうろ覚えで使ってしまう言葉に関するツイートです。

確かに語感は似ているけれど……(イラスト:野田せいぞ

「語彙力」が、なんだかおかしな書き方に……

某所で「語彙力」を「語尾力」と間違えてる方を見つけて、まさか……と思って検索かけたら、同様の方が多数おられて驚く。うろ覚えで言葉を使うことのおそろしさ。(高木登さんのツイートより)

 ツイート主は高木登さん(@nueteki_0706)。高木さんが見つけたのは、「語彙力」を「語尾力」と書き間違えている人。実はこの間違い方はけっこうよくあるらしく、検索すると同じような人が多数出てきたそうです。書き間違いとしてはわかるけど、途中で気が付きそうなもんだけどな〜。

 その後高木さんは、これらの書き間違いやネット上のいざこざは、読み書きに習熟していない人がネットで一斉に読み書きをし始めたことも原因なのではないかと推測します。確かに「ごいりょく」と「ごびりょく」の発音は似てるし、そこで「語彙力」という単語を知らないまま発音だけを手掛かりに文章を書こうとしたら、「語尾力」になってしまうのもわかる気が。

 この投稿に対してTwitter上では、「『延々と〜する』という表現を『永遠と〜』と間違えていらっしゃる方も多いですよね」「『一応(いちおう)』を『いちよう』と書く方も割と…」といった声が寄せられています。今回のケース以外にも、「ネットにつながっている全員が読み書きをする世界」では何か変化が起きているのかも……と思わされるツイートでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」