ニュース
» 2021年07月20日 21時00分 公開

お祭りから帰ろうとした女の子が見知らぬ子に声をかけられ…… 「終わらない縁日」に迷い込む漫画にゾワッ(1/3 ページ)

「ハレ」が日常になれば、それは「ケ」と変わらない。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。遊びに出かけた先で「この時間がずっと続けばいいのに」と、誰もが考えたことがあるはず。ですが「ハレ」の日は、普段どおりの「ケ」とは異なる非日常であるからこそ、特別なひとときとして体感できるのです。

 今回ご紹介する作品は、夏祭りという「ハレの日」を楽しんだ女の子が、実に奇妙な世界へと迷い込んでしまうお話。作者はなちこ(@XIII_kll)さんです。

終わらない縁日 漫画

 夏祭りを満喫して帰路についた女の子。どうやら縁日の出店を堪能したようで、空に浮かんだ月と戦利品の金魚を見つめています。そして「楽しい時間は一瞬で終わっちゃう、お祭りはまた来年。この時間がずっと続けばいいのに」としみじみ思うのでした。

 そんな彼女に声を掛けたのは、キツネのお面をかぶった見知らぬ子どもでした。その子は帰ろうとしていた女の子の手を引き、どこかへ連れて行くのですが……。

終わらない縁日 漫画
終わらない縁日 漫画

 ずいぶん歩いた後にたどり着いたのは、明るい神社の境内が見える場所でした。鳥居をくぐった向こう側には屋台がずらりと並び、人々はお祭りを楽しんでいます。

終わらない縁日 漫画
終わらない縁日 漫画

 女の子は「すごい、縁日だ!」と無邪気に喜び、周りの誰もがかぶっているお面を買おうとするのですが……前のお祭りでおこづかいを使い切っていました。ですがどういうわけかお面屋の店主は、女の子が持っていたおはじきで支払うよう求めてきたのです。

 お面をかぶってご満悦の女の子は、縁日の屋台をいくつも周り続け……どれだけの時間が経ったのでしょうか。お祭りは終わる気配がなく、手持ちのおはじきはまったく減らず、屋台の行列はずっと先まで続いている……。女の子は「まだまだ遊ぶぞ」と気合いを入れ、楽しそうに駆け出すのですが……。

 どう考えても異様なお祭りへ足を踏み入れてしまった女の子。お金の代わりに使われる減らないおはじき、出会った子ども、もうひとつのお祭りにいた人々……それらがまとう不穏な雰囲気。女の子は一体どうなってしまうのか。不思議な物語のてん末は、物語を最後まで読み進めてお確かめください。

作品提供:なちこ(@XIII_kll)さん

記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」