スピリット・オブ・JNR! 胸アツすぎる注目列車、えちごトキめき鉄道の「急行電車」を昭和のおじさんが語り尽くす月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「観光急行」(1)(1/2 ページ)

早速乗ってきました! 「昭和の鉄道ファン」に胸アツすぎる注目の列車。何が魅力なのか、どんな工夫があるのか、じっくり愛でていきますよ。

» 2021年07月20日 20時00分 公開
[杉山淳一ねとらぼ]

 新潟県のえちごトキめき鉄道で、国鉄時代の急行電車を再現した「観光急行」が走り始めました。昭和生まれの鉄道ファンに胸アツなこの列車、一体何が魅力なのでしょう。昭和生まれのおっさんが語ります(全3回)。

えちごトキめき鉄道 観光急行 中高年の皆さん、往年の急行電車が復活ですよ!! 

「なつかしい派」と「レトロで面白い派」、観光急行は昭和世代も平成世代も楽しい

 2021年7月4日、新潟県のえちごトキめき鉄道は「観光急行」の運行をはじめました。運行日は原則として土曜日曜祝日です。電車はJR西日本で引退した車両の「455系」と「413系」を譲り受けました。国鉄時代に作られた電車です。

 その姿、武骨な内装、モーター音。これぞ国鉄。英語で「ジャパン・ナショナル・レールウェイ(JNR)」。そう、この電車こそ「スピリット・オブ・JNR」であります。

えちごトキめき鉄道 観光急行 2021年7月に運行を始めたえちごトキめき鉄道の「観光急行」
えちごトキめき鉄道 観光急行 この色、懐かしい…… 反対側から見るとこんな感じ。ヘッドマークなしの顔

 塗装はかつての急行の色が再現されています。地方の幹線で活躍した急行電車にみられました。交直両用電車といって、大都市の直流電化区間と、地方の交流電化区間の両方を直通可能な電車です。大都市に生まれ育った人のうち、この色を「懐かしい」と思う人は、青春時代に電車で遠くへ出掛けた人です。「うわぁ、あの頃の電車とソックリだ」というわけで、昭和の鉄道ファンは「涙がちょちょ切れるほど」懐かしいわけです。

えちごトキめき鉄道 観光急行 クモハ413-6の車内。長距離向けのボックスシートと、立ち客を増やすためのロングシートの組み合わせ。クハ455も改造されて同様の姿になっている
えちごトキめき鉄道 観光急行 クハ455の連結面にあった銘板。下から「昭和46年に川崎重工で製造」「納品先は日本国有鉄道」「昭和61年に国鉄松任工場で改造」の意味。急行用の座席配置を普通列車用に改造した時期は昭和61年だった

 若い人には「あの頃っていつだよ……」って言われるかな。もう少し解説しましょう。

 1960年代後半から1980年代前半。蒸気機関車の現役引退が近づき、SLブームが起きていました。一方で「星の寝台特急」ことブルートレインブームも始まります。当時は鉄道ファンに限らず「旅といえば鉄道」という時代でした。青春時代を過ごした人々は「ワイド周遊券」「ミニ周遊券」という一定エリア乗り放題のきっぷを使いこなし、やがて「青春18きっぷ」が発売されて、鉄道の旅が盛り上がっていきます。

えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長。鉄道ファンの「懐かしさ」をよく分かっている御仁

 その頃、鉄道で旅をしていた10〜20代の少年たちが今や50〜60代に。バリバリと第一線で働いていた時期を終え、趣味のために時間やおカネを使えるようになったお年頃です。そこに「青春時代の列車がよみがえった」わけです。これは観たい。乗りたい。というわけで、6月29日に開催された株主招待試運転を取材してきたのでした。

えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行 えちごトキめき鉄道 観光急行
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  2. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/23/news012.jpg ママを後追いして号泣する赤ちゃんに、猫がまさかの行動を見せ…… あまりに尊い光景に「自分の子どもだと思ってるんですね」
  5. /nl/articles/2406/23/news017.jpg 抱っこで熟睡している赤ちゃん、ママの声が聞こえた瞬間……! 天使のような反応に泣けるほどの愛と幸せがつまっている
  6. /nl/articles/2406/04/news193.jpg リビングで“水のみ”使ってレタスを育てたら……? ぐんぐんと育ち大量に収穫する様子に「一生レタス買わなくていい」「やってみたい」の声
  7. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  8. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  9. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  10. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」