ニュース
» 2021年07月22日 09時00分 公開

「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる(1/4 ページ)

創作者と成長の物語でもありました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 新作がうまく書けずに悩む兼業新人作家が元カレと再会し、自身の過去を振り返りながら成長していく様子を描いた漫画が、価値観を再構築する苦しみと力強さにあふれていて心に刺さります。

【漫画】「私たち、どうして終わったんだっけ」 元彼に後ろ髪を引かれる新人作家の成長が強くて切なくて心に突き刺さる 漫画「たけくらべの終わりに」

 漫画家の飯田ヨネ(@misterYnoji)さんによる、新人小説家の成長を描いた漫画。主人公の井森あさみはIT企業で働きながら小説を書く新人作家ですが、4年前に新人賞受賞作でデビューして以来、次の作品を書き上げられていません。出版社の担当編集からは「まだ若いし、焦らずやりましょう」と言われますが、30歳を目前に結婚する同級生を横目に見ているあさみは「夢を見ていられる猶予なんて…」と気を揉みます。

 仕事終わりに小説を書き進めようとしますが、疲弊して「まあいいや土日で…」と休んで寝落ちしてしまったところに、取引先の飲み会で再会した元カレ・義晴から「よかったら今度メシ行かない?」とメッセージが。何年も彼氏ナシで過ごしてきたあさみは、誘いの言葉に胸を躍らせます。

【漫画】「私たち、どうして終わったんだっけ」 元彼に後ろ髪を引かれる新人作家の成長が強くて切なくて心に突き刺さる 4年前のデビュー作から新作を出せずにいるあさみ
【漫画】「私たち、どうして終わったんだっけ」 元彼に後ろ髪を引かれる新人作家の成長が強くて切なくて心に突き刺さる 仕事で疲れて寝落ちしていたところに誘いのメッセージ

 4年越しの元カレとの会話に花を咲かせて、なごやかな時間が過ぎていきますが、創作の話になると突如どんよりした空気が漂います。2人の出会いは大学の演劇サークル。小劇場や古本屋を一緒に巡り、新人賞原稿の手直しまでしてくれた元カレは、田舎から都会へ出てきたあさみからすると、創作の相棒のような存在でした。

 あさみは演劇サークルで活躍す義晴が、他大学の学生から注目されるほどの実力を持っていながら、夢を追う人や創作の場で活躍する人に対しては時おり、ふと暗い表情をのぞかせることに気付いていました。あさみが小説で新人賞大賞に選ばれた報告をした際に見せた反応も、素直に祝福するというよりはどこか複雑そうなものでした。

 帰り際、「今日。帰んの?」と手を重ねる義晴。あさみは義晴と腕を組んで歩きながら、これまでのもやがかかった気持ちを晴らすように「なんで私と付き合ってくれたの…?」と、改めて二人の関係を確かめようとします。

【漫画】「私たち、どうして終わったんだっけ」 元彼に後ろ髪を引かれる新人作家の成長が強くて切なくて心に突き刺さる 寄り添う元カレを受け入れようとする
【漫画】「私たち、どうして終わったんだっけ」 元彼に後ろ髪を引かれる新人作家の成長が強くて切なくて心に突き刺さる すべての始まりだった2人の関係を再確認

 義晴はなぜあさみの元から去っていったのか。二人の過去を振り返り、彼の本心を確認したあさみがとった行動とは……? 力強い決心と悲しみを経て成長する彼女の姿を、ぜひご自身で確認してみてください。

 本作は、飯田さんが3年前にpixivで掲載した「たけくらべの終わりに」をTwitterで分割掲載したもの。投稿には「なんかすごい絶妙に、心に刺さってくる!」と感嘆する声などが寄せられています。

 また、飯田さんは元AKBグループのメンバーとして知られる大木亜希子さんの『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』をコミカライズした作品『つんドル! 〜人生に詰んだ元アイドルの事情〜』を発売中。先日1巻が発売され、Amazon.co.jpにてコミックの売れ筋ランキング上位に食い込むなど注目を集めています。30歳を目前に、“元アイドル”の十字架を背負いながら仕事も恋もうまくいかない女性が、56歳の謎の男性ササポンと二人暮らしをしながら、人生を取り戻していく様子をていねいに描いた作品です。こちらでもキャラの感情の機微が伝わる飯田さんならではの表現で楽しませてもらえます。

作品提供:飯田ヨネ(@misterYnoji)さん


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する