ニュース
» 2021年07月22日 20時00分 公開

リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声(1/2 ページ)

こんなメイドさんと暮らしたい……!

[十津川あきら,ねとらぼ]

 リモートワークになったため田舎に移住した女性が、不思議なメイドさんと暮らすことになる漫画が、かわいくて癒やされると話題です。

ポン子
漫画をまとめて読む

 リモートワークになったため田舎に引っ越してきた主人公の女性。静かな環境に癒やされていたところ、突然の来客を知らせるチャイムが鳴ります。これが田舎の付き合いかとびくびくしながら玄関に向かうと……?

ポン子
ポン子

 そこにいたのはメイド服を着た女性でした。「怪しいものではございませんぽこ〜」と自己紹介しますが、田舎にそぐわない服装に謎の語尾と、怪しさ満点の雰囲気。これには主人公の警戒心も跳ね上がります。そしてメイドさんがお辞儀した瞬間に見えてしまったのです。……立派なしっぽが。

ポン子

 慌てたメイドさんが煙に包まれると、そこにはメイド服を着たかわいらしい少女がいました。「私はこの家で飼われていたポン子と申しますぽこ」と改めて自己紹介。彼女の頭にはたぬきのような耳が、そしておしりにはふさふさのしっぽが付いていました。そこで主人公はすかさず「さてはお前、うちで一緒に暮らしたいとか言うのか?」と尋ねます。順応が早い……!

ポン子

 めでたく主人公と一緒に暮らせることになったポン子。「たぬきでも家事くらいできるのか?」と問われると、猛烈な勢いで皿洗いを始めます。そしてその様子を見た主人公は気付いたのです。彼女のしっぽの模様がたぬきではなく、アライグマのものであることに……!

 この作品を公開したのは、漫画家の矢寺圭太さん(@yaterakeita)。矢寺さんは、アライグマの「ポン子」ではなくぽんこつメイドロボットの「ポン子」とのスローライフを描く『ぽんこつポン子』や『おにでか!』、『恋屍川さんは肉食系』などの作品を刊行しています。

 この漫画にネット上では、「女の子かわいい!!!」「一匹ください」「続きは…続きはないのか…? 見ないと死んでしまうよこの可愛さ」「この尻尾ネタの使い方素晴らしいですね…!」「続編のマンガや読み切りで、理由や出所は違っても、前作と同じ名前はニヤリとする」といった声が寄せられていました。

作品提供:矢寺圭太さん(@yaterakeita

漫画をまとめて読む
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」