ニュース
» 2021年07月23日 21時00分 公開

心霊現象で入居者ゼロのマンション→いっそ幽霊を住まわせよう オーナーの開き直りが楽しいホラーコメディ漫画(1/3 ページ)

度胸満点でアフターサービスまで完璧な有能オーナー。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 思い切って買ったマンションが、人っ子ひとり寄りつかない訳アリ物件。それならばと開き直り、幽霊を住まわせようと画策するオーナーの漫画「訳アリ心霊マンション」が人気です。転んでもただでは起きない、オーナーのたくましさが見ていて楽しい。

アイキャッチ2

 主人公が購入した物件は、土地か方角でも悪いのか、ラップ音やら幽霊やら怪奇現象の宝庫。内見の時点でそんな惨状なものだから、入居者は1人もつかず、開き直って幽霊を勧誘しようと思い立ちます。

アイキャッチ3

 場面は変わって、寂れた夜道。帰宅中のサラリーマンが、電柱から伸びる長い手に出迎えられ、肝を冷やしています。

 見てはならないものを見てしまったと察した彼は、相手を刺激しないよう通り過ぎますが、謎の手は行く先々に出没。いくら逃げても先回りしたかのように、長い手が立ちふさがってきます。

アイキャッチ4
アイキャッチ5

 そこに追い打ちをかけるように、暗がりからは「いいカモだぜへへへ」といやな声。恐怖心が極まったサラリーマンは、一目散に駆け出していきました。

 実は、声の主は件のマンションオーナー。「カモ」とは「入居者候補」のことで、長い手の主を勧誘しようとやって来たのです。

アイキャッチ6
アイキャッチ7

 こうしてオーナーは初の入居者と契約。家賃の取りっぱぐれがないよう、長い手を生かせる高層ビルの窓拭きのバイトまで仲介するのでした。霊と普通に付き合える体質がこの事態を招いているような気もするけれど、経営が回るのならこれでいいのかも。

 漫画は「良い発想の転換」「オーナーがメンタル強すぎで好き」「続きが気になる」と好評。作者のネブクロ(@nebukuro41)さんは、反響を受けて続編を公開しています。次の入居者はどんなかな?

作品提供:ネブクロ(@nebukuro41)さん
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響