ニュース
» 2021年07月23日 21時00分 公開

心霊現象で入居者ゼロのマンション→いっそ幽霊を住まわせよう オーナーの開き直りが楽しいホラーコメディ漫画(1/3 ページ)

度胸満点でアフターサービスまで完璧な有能オーナー。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 思い切って買ったマンションが、人っ子ひとり寄りつかない訳アリ物件。それならばと開き直り、幽霊を住まわせようと画策するオーナーの漫画「訳アリ心霊マンション」が人気です。転んでもただでは起きない、オーナーのたくましさが見ていて楽しい。

アイキャッチ2

 主人公が購入した物件は、土地か方角でも悪いのか、ラップ音やら幽霊やら怪奇現象の宝庫。内見の時点でそんな惨状なものだから、入居者は1人もつかず、開き直って幽霊を勧誘しようと思い立ちます。

アイキャッチ3

 場面は変わって、寂れた夜道。帰宅中のサラリーマンが、電柱から伸びる長い手に出迎えられ、肝を冷やしています。

 見てはならないものを見てしまったと察した彼は、相手を刺激しないよう通り過ぎますが、謎の手は行く先々に出没。いくら逃げても先回りしたかのように、長い手が立ちふさがってきます。

アイキャッチ4
アイキャッチ5

 そこに追い打ちをかけるように、暗がりからは「いいカモだぜへへへ」といやな声。恐怖心が極まったサラリーマンは、一目散に駆け出していきました。

 実は、声の主は件のマンションオーナー。「カモ」とは「入居者候補」のことで、長い手の主を勧誘しようとやって来たのです。

アイキャッチ6
アイキャッチ7

 こうしてオーナーは初の入居者と契約。家賃の取りっぱぐれがないよう、長い手を生かせる高層ビルの窓拭きのバイトまで仲介するのでした。霊と普通に付き合える体質がこの事態を招いているような気もするけれど、経営が回るのならこれでいいのかも。

 漫画は「良い発想の転換」「オーナーがメンタル強すぎで好き」「続きが気になる」と好評。作者のネブクロ(@nebukuro41)さんは、反響を受けて続編を公開しています。次の入居者はどんなかな?

作品提供:ネブクロ(@nebukuro41)さん
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」