ニュース
» 2021年07月26日 07時00分 公開

シュモクザメやノコギリザメ、可動式フィギュアになったサメがカプセルトイで8月発売

ホホジロザメ、シュモクザメなど全4種。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 映画やグッズのモチーフとしても人気の「サメ」のカプセルトイ「蒼き世界 THE SHARK(ザ・シャーク)」が、タカラトミーアーツから8月上旬に発売されます。価格は1回300円。

THE SHARK 「蒼き世界 THE SHARK(ザ・シャーク)」個性的なサメたちを、ギミック付きで立体化

 「ザ・シャーク」のフィギュアは全4種。人食いザメの代名詞とも言われる「ホホジロザメ」、横長の頭が特徴的の「シュモクザメ」、ジンベエザメに次いで大きい魚類「ウバザメ」、長く伸びた部位にノコギリ状のとげを持つ「ノコギリザメ」というラインアップです。

THE SHARK 「ホホジロザメ」は約10メートルあるとされ、イルカやアザラシを捕食。フィギュアの口を開くと、鋭いキバがむき出しに
THE SHARK ハンマーヘッドシャークともよばれる「シュモクザメ」。金槌のような頭は特徴的
THE SHARK 「ウバザメ」は約10メートルに達することもあるという巨大なサメ。大きな口でプランクトンなどを食べる
THE SHARK 「ウバザメ」に付属しているダイバーのフィギュア
THE SHARK ノコギリのような部位を使って魚を獲る「ノコギリザメ」

 すべてのサメフィギュアは尾びれが可動。ホホジロザメとウバザメは口がパカッと開き、シュモクザメとノコギリザメは頭の可動ギミックが楽しめます。また、ウバザメのフィギュア(145ミリ)にはダイバーフィギュア(23ミリ)が付いているので、スケール感が伝わりますね。

(谷町邦子 FacebookTwitter

おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声