ニュース
» 2021年07月26日 11時30分 公開

会場に神戸線「全線」再現……! 阪急うめだ本店で「鉄道模型フェスティバル2021」開催 7月28日から

ガチなプラレールから、阪急電車の特製品Nゲージや鉄道放出品などのレアグッズ販売も〜。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 阪急百貨店うめだ本店で「鉄道模型フェスティバル2021」が7月28日から行われます。開催は2021年8月9日まで。

鉄道模型フェスティバル2021 阪急うめだ本店で開催する「鉄道模型フェスティバル2021」(2021年7月28日〜8月9日)(画像:公式Webサイトより)
鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021 鉄道模型フェスティバル2021

 鉄道模型フェスティバル2021は、阪急阪神百貨店が阪急神戸線の開通101周年を記念して開催する家族向け鉄道イベント(2年ぶりに開催)。土木学会選奨土木遺産に認定された「阪急王子公園駅」を忠実に再現したNゲージジオラマや神戸線で活躍した車両を集め、当時の資料や写真を公開します。

 「阪急神戸線全線」をプラレールで再現したコーナーも見どころです。これまで、大阪駅大阪環状線博多駅東京〜鹿児島の新幹線全駅など各地の大型駅、ダンジョン駅や路線広域を再現したプラレールの達人・松岡純正さんが手掛けます。

鉄道模型フェスティバル2021 Nゲージジオラマで再現する阪急王子公園駅
鉄道模型フェスティバル2021 プラレールで再現する阪急神戸線全線

 このほか、KATOとモデルシーダー協力のNゲージ/HOゲージコーナー、阪急・阪神電車の制服を用意した記念撮影コーナー、2020年に運行50周年を迎えたJR西日本「新快速」特別展示コーナー、電車シミュレーター動画など、キッズから鉄道ファンまで楽しめる催しを用意します。

鉄道模型フェスティバル2021 Nゲージジオラマ
鉄道模型フェスティバル2021 HOゲージジオラマ
鉄道模型フェスティバル2021 親子で楽しむTシャツ<阪急電車>(キッズサイズ3960円から、大人サイズ5500円から)
鉄道模型フェスティバル2021 阪急電車グッズいろいろ
鉄道模型フェスティバル2021 マルーンカラーの阪急電車Nゲージ特製品も販売。左から阪急1000系1000編成(8両/8万300円)、阪急8040+8041+7024編成(8両/8万8000円)、阪急7000系旧塗装(6両/5万5000円)、阪急7000系伊丹線(4両/4万4000円)
鉄道模型フェスティバル2021 TOMIX Nゲージ「JR EF65形電気機関車」(123号機ユウユウサロン岡山塗装タイプ)8800円
鉄道模型フェスティバル2021 運行標識や行先板などの一点モノ鉄道部品も

 会場は阪急うめだ本店9階催場。入場は要事前予約(入場日時指定の前売り券を購入)で120分入れ替え制。料金は一般600円(税込、以下同)、小・中学生400円、未就学児無料です。

大泉勝彦



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」