ニュース
» 2021年07月27日 12時00分 公開

自分の絵に吐き気がして「死にたい」と言いたくなる 創作の「痛み」と「喜び」を描く漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

好きだから始めたことなのに、逃げたくなることもあります。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 一人の絵描きの葛藤を通じて“創作の痛みと喜び”を語る漫画に、多くの共感の声が寄せられています。

漫画家 油絵 美術大学
漫画をまとめて読む

 絵には自信があったはずなのに、今は自分の作品に吐き気がして、無意味に「死にたい」と言いたくなる。油絵の授業が憂鬱で、画溶液を飲んで、現実から逃げることすら思い浮かべている。――漫画には1人の女性の心情が淡々と描かれます。

漫画家 油絵 美術大学
漫画家 油絵 美術大学

 作品のよしあしを決める物差しは人それぞれと分かっていても、先生から可もなく不可もないといった評価をされて泣きたくなります。そんな現状から目を背けようと、彼女は自分の作品を燃やしてしまうことに。

漫画家 油絵 美術大学
漫画家 油絵 美術大学
漫画家 油絵 美術大学

 描いた絵よりも燃える火のほうが美しい、そう感じると同時に、どこかせいせいした気持ちになる彼女。真っ黒に残った燃えカスは挫折交じりの絶望を連想させました。

漫画家 油絵 美術大学
漫画家 油絵 美術大学

 真っ黒いキャンバスに白い一輪の花。絶望の中に咲いた「また描こう」という気持ちを、まっさらな白で描くことにしたのです。誰かの評価のためではなく、心のままに色を重ねていこうと思えたのでした。

漫画家 油絵 美術大学

 ただ楽しくて絵を描き始めたはずなのに、他人の作品と比較し、評価にさらされ、自信が持てなくなってしまうことがあります。そういった苦痛があっても、何かのきっかけで楽しさを思い出して、また描けるようになることも。漫画では油絵で語られていますが、あらゆる創作に通じる話かもしれません。

 創作者の葛藤を淡々と描いた漫画に、読者から「私もしばらく筆が止まって描けなくなりました」「絵は描かないけどわかる。自分の中で破壊再構築して見えてくるものがある」「字書きだけどこの作者様の葛藤がなんとなく理解できる」など、賛同の声が届いています。

 作者は漫画家でシナリオライターの猫田まんじまる(@nekota_1004)さん。TV東京「今日からやる会議」の企画から生まれた漫画『ザ・ゲリラ』が発売中です。

作品提供:猫田まんじまる(@nekota_1004)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響