ニュース
» 2021年07月28日 11時00分 公開

Instagram、16歳未満の新規アカウントをデフォルトで非公開に設定

「悪意がある可能性が高いアカウントから、若年層の利用者を見つけにくくする」ことや「若年層の利用者へリーチする広告に関して、広告主が持つ選択肢を制限」することも。

[ねとらぼ]

 Instagramは米国時間の7月27日より、Instagram上に作成される16歳未満(一部の国と地域では18歳未満)の全アカウントをデフォルトで非公開に設定することを明らかにした。

16歳未満 自身が切り替え

 若年層の利用者が安心安全にInstagramを活用できるようにするのが目的で、「悪意がある可能性が高いアカウントから、若年層の利用者を見つけにくくする」ことや「若年層の利用者へリーチする広告に関して、広告主が持つ選択肢を制限」することも含まれる。

 非公開アカウントに設定すると、誰が自分のコンテンツを見たり返事をしたりできるかを、利用者自身が管理できる。他の利用者が非公開に設定されたアカウントのフィード投稿、ストーリーズ、リールを見るためにはそのアカウントをフォローする必要があり、フォローしていない利用者はコメントを残すこともできない。また、非公開アカウントに設定したアカウントのコンテンツは、発見ページやハッシュタグの検索ページにも表示されなくなる。

 若年層の利用者がアカウントを作成する際には公開か非公開かを選択することができたが、Instagramの調査によると最近は多くの若年層が非公開アカウントを選択していることがわかっている。事前のテスト期間でも若年層の利用者の10人中8人がアカウント作成時にデフォルトで非公開アカウントを選択していた。

 今後、既にアカウントを公開に設定している若年層の利用者を対象に、非公開アカウントのメリットおよび公開から非公開アカウントに切り替える方法を説明する通知を表示することになっている。その際、利用者が非公開に設定し直すか、必要に応じて引き続き公開設定にするかどうか選択することになる。

 また、前述した「悪意がある可能性が高いアカウントから、若年層の利用者を見つけにくくする」ために、Instagramは新技術を導入。若年層のアカウントから直近でブロックや報告をされた大人が運営しているアカウントに対して発見タブやリール、「おすすめのアカウント」上で若年層のアカウントを非表示にする。例えユーザーネームを検索して若年層アカウントを見つけたとしてもフォローはできず、ほかの利用者の投稿に対する若年層からのコメントを見ることも、若年層の投稿やコンテンツにコメントすることもできない。これらの変更は米国、オーストラリア、フランス、英国、日本で開始され、今後さらに拡大する予定だ。

 Instagramは、若年層の利用者のプライバシーと安全性の問題に対して、「今後も若年層、保護者、政策立案者、専門家の意見に耳を傾け、若年層が安心して利用でき、保護者からも信頼されるプラットフォームを目指してまいります」とコメントしている。

16歳未満 広告主が若年層にリーチできる方法を変更する(Facebook:Instagramニュースルームのお知らせより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」