ニュース
» 2021年07月28日 13時50分 公開

MLBフィリーズのブライス・ハーパー選手がランニングホームラン、ヘルメットを飛ばしながら激走するハッスルプレーにファンも大喜び

ハーパー選手はバットを折りながらスタンド上段まで運ぶなどパワーが魅力です。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 MLBフィラデルフィア・フィリーズのブライス・ハーパー選手が7月27日(日本時間28日)のワシントン・ナショナルズ戦で、7日以来の16号ソロ本塁打を放ちました。2015年には本塁打王を獲得するなど、パワーが売りのハーパー選手ですが、この日はフェンスオーバーではなくランニングホームラン。ヘルメットを飛ばしながら、激走するハーパー選手の姿にファンも驚きを隠せません。

 ブライス・ハーパー 16号本塁打がランニングホームランとなったブライス・ハーパー選手(画像はMLB公式Instagramから)

 5回裏、2-6と4点を追いかけていたフィリーズ。二死ランナー無しで、ハーパー選手が打席を迎えます。2打席連続安打を放っていたハーパー選手は、カウント1ボール1ストライクから、ナショナルズのエリク・フェディー投手が投じた真ん中に入ったボールを捉えると、打球はセンター後方へ。ナショナルズの中堅手、ビクトル・ロブレス選手が大きくジャンプしますが、ボールはフェンスに当たってグラウンドを転々とします。

 ハーパー選手は打球の行方を追うことなく、一目散に二塁ベースを回り、ヘルメットを飛ばしながら三塁を蹴ってホームベースへ突入。中堅からの返球が少しそれたことで、ハーパー選手は楽々とスライディングでホームベースを踏み、ランニングホームランを達成しました。

 ブライス・ハーパー ヘルメットを飛ばして激走をみせたブライス・ハーパー選手(画像はMLB公式YouTubeから)

 2010年のMLBドラフト1巡目(全体1位)でナショナルズから指名を受けたハーパー選手は、2012年4月28日のロサンゼルス・ドジャース戦で「7番・左翼手」としてメジャーデビュー。10代の選手として48年ぶりのホームスチールを達成するなど、レギュラーに定着しました。これまでもバットを折りながら、ライトスタンド上段まで放り込むことや場外にかっ飛ばすなど、パワーで魅了してきた選手で、MLBのレジェンドであるアレックス・ロドリゲス、ケン・グリフィー・ジュニアと比較されることもありました。

 7日以来の本塁打がランニングホームランとなったハーパー選手。MLBの公式Twitterが28日に「INSIDE-THE-PARK HOMER」とコメントを添えて動画を更新すると、ファンも「英語でランニングホームランのことINSIDE-THE-PARK HOMERって言うんや」と驚きながら、「Hustle. Always hustle.」とハーパー選手のハッスルプレーに喜んでいました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」